2016.08.25

映画『女教師』(お薦め度★★)

若い性を貪るようなセンセーショナルな内容はありません。タイトルから連想するエロティックさはほとんどありません。

中途半端な描き方のために、主人公の教師が自爆していく展開が分かりにくくほとんど共感できません。それほど罪悪感に苛まれるのであれば、何故教え子と恋愛関係になったのかをしっかりと説明すべきでした。

この物語であれば、教師と生徒という設定で無くても良かったのではと思えます。禁断の恋をテーマにした割に肩透かしを喰らった感じがします。

レビューに当たり、解説を確認したところ女性監督で脚本も担当していたことを知りました。なるほど道理で期待するようなシーンが登場しないはずです。そもそも感性が違っているようです。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
原題:A Teacher
製作年:2013年
製作国:アメリカ
内容時間:76分

<スタッフ>
監督・脚本:ハンナ=フィデル
製作:ハンナ=フィデル、キム=シャーマン
撮影:アンドリュー=ドロス=パレルモ
音楽:ブライアン=マコンバー

<キャスト>
ダイアナ:リンジー=バージ
エリック:ウィル=ブリテン
ソフィア:ジェニファー=プレディガー

<番組紹介/解説>
未成年である教え子の少年を本気で愛してしまった美人高校教師は、次第に罪悪感に悩まされるようになり……。「6年愛」の女性監督H・フィデルによるエロティックドラマ。

米国の各映画祭で注目を集め、日本では動画配信で公開された話題作「6年愛」の鬼才女性監督フィデルの前作。“女性教師”という大人向けエンターテインメント業界で人気が高い題材を取り上げながら、ヒロインの揺れる内面に繊細に迫ったのは女性監督フィデルならでは。ダイレクトにエロティックな場面は少ないが、「6年愛」にも出演したL・バージ(昔でいうトランジスタグラマータイプ)はそんなヒロイン役を自然体で演じ、それが男性目線からはむしろたまらなくセクシーで魅力的というのも独特の味わいがある。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

03-6831-8541から不在着信があり、検索したら詐欺業者らしい

今朝8:38にケータイに架かっていました。通勤途中だったので、出社してから気付きました。

知らない電話番号なので、直ぐに検索したところ1番目に表示されたリンクは次の通りで、どうも詐欺業者のものらしいです。

http://sagi-break.com/03-6831-8541-0368318541-%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E7%95%AA%E5%8F%B7/

早速、「着信拒否登録」をしました。朝っぱらから不愉快です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.24

映画『飼い猫』(お薦め度★★★)

ピンク映画の割に、ストーリーがしっかりしていて楽しめます。
ただし、物語としては特段ヒネリがありません。昔話「鶴の恩返し」を現代風に猫版としてアレンジしたファンタジーと言ったところでしょう。

もっと、エロチックさを期待しましたが、全体的にソフトです。ヒロインの倉持由香は初顔です。スレンダーで下着姿が様になっています。露出はセミヌード止まりでした。。ピンク映画なのでAV女優だと思っていましたが、観終わってから調べたところグラビアアイドルでした。こうなるとAV女優とグラドルの境界はあってないようなものですね。

グラビアアイドルの起用でありながら、露出過多のピンク映画を製作できる監督のセンスの良さに感心しました。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
製作年:2016年
製作国:日本
内容時間:71分

<スタッフ>
監督:金田敬
脚本:箱田森介
撮影監督:志賀葉一
撮影:梅津真也
音楽:岡出莉菜

<キャスト>
ミーコ:倉持由香
明美:初美沙希
サトル:木下桂一
仁科:なかみつせいじ

<番組紹介/解説>
グラドル界屈指の美しいヒップを誇る倉持由香が主演したエロティックファンタジー。小説家志望の中年男と、なぜか少女の姿に変身した子猫との奇妙な同居生活を綴る。

コンプレックスだったという100センチものヒップサイズを個性として受け入れたことから人気沸騰、現在では“尻職人”を自称し、TVバラエティなどにも出演する売れっ子になったグラビアアイドル倉持由香。そんな彼女が、少女の姿に変身した子猫という難しい役柄を体当たりで熱演したエロティックファンタジー。自慢のヒップを強調した猫らしい四つんばいのポーズをはじめ、コケティッシュな彼女の魅力を存分に披露してくれる。小説家志望の中年男役は、ピンク映画出演500作を超える実力派、なかみつせいじ。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«MovieNEX『ズートピア』で再鑑賞した