2018.10.17

UIMカードを掃除してGalaxy S7 edgeのトラブルが解消できた

8月にGalaxy S7 edgeが通話もインターネット接続も出来なくなる不具合を解消できたことをレポートしましたが、2ヶ月経って再びUIMカードを認識しなくなりました。いくらWi-Fi設定を外して再起動を繰り返しても復帰しません。

いよいよ機種交換をしなければならないかと考えたのですが、我が師匠に相談したところ、「UIMカードが汚れているから掃除したらどうか」とアドバイスを頂きました。

過去のケータイトラブルでUIMカードの掃除までしたことがなかったので、ちょっと半信半疑でした。

綿棒で丁寧にUIMカード端子表面を拭いてみたところ、あっさりUIMカードを認識してGalaxy S7 edge復活です。

ケータイトラブル初心者にはちょっと驚きです。先月は、Xperia XZ SO-01JのトラブルでUIMカードの抜き差しによる復旧を経験しています。1年以上使い続けているスマホの手当ての仕方についておおよそ分かってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.16

Fire TV Stick無しで、Amazonプライム・ビデオをGoogle HomeからChromecast経由によってTVで観る

Amazonプライム・ビデオはChromecast対応になっていないので、これまではタブレットで視聴していました。

Chromecastがあるので、改めてFire TV Stickは購入する気が無く、プライム・ビデオはタブレット視聴と割り切っていました。

一方、Chromecast未対応のTverは当ブログでレポートした通り、Google HomeからChromecast経由によってTV視聴を行っていました。

我ながら気付くのが遅くなったのですが、Tverと同じようにAmazonプライム・ビデオも視聴できるはずです。

そこで、スマホにアプリ「プライム・ビデオ」を導入して、Google HomeからChromecast経由によってTV視聴しました。

Google Homeのアップデートで設定が以前と若干変更されています。
起動画面で、右下アカウントをタップして、その他>デバイスのキャストでTVに設定して完了です。

Screenshot_20181013-143222Screenshot_20181013-080935
後は、アプリ「プライム・ビデオ」でコンテンツを再生するだけです。ちなみに、この機能はAndroidのみで、iOSとWindowsでは使えません。

Screenshot_20181013-074714

TverはスマホのフレームもTV画面に移りこみますが、プライム・ビデオでは表示されず、普通の画面で視聴できます。

一つだけ気になるのは、スマホ側の画面も表示されたままなのでバッテリーの減りが激しいことです。そのため、スマホを充電しながらキャストします。

Amazonの囲い込みを一つ突破しました!そう言えば、Air Stick 4KでAmazonプライム・ビデオが観れずにだったのに、その前から視聴できていたので、自分自身に残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.15

映画『アトミック・ブロンド』(お薦め度★★★)

悪くは無いのですが、記憶に残りません。

各論賛成、総論反対というような印象です。個々のアクションシーンはものすごく肉弾戦のバトルは女性スパイものとは思えない迫力の連続です。

ただし、スパイものとしての一貫した華のある存在感はありません。女性スパイをハードボイルドで描きたいのか、シャーリーズ=セロンのヌードや何気にビーチクが拝めるものの、エロチックさは中途半端でした。

ドイツ俳優のお気に入りのティル=シュヴァイガーが出演しているましたが、それほど物語に絡んでおらず、期待外れでした。

サスペンスとして多くの要素を詰め込んでいるものの、全体からすると勿体なさを感じました。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Atomic Blonde
制作年:2017
制作国:アメリカ・ドイツ・スウェーデン
内容時間:115分

<スタッフ>
監督:デヴィッド=リーチ
製作:シャーリーズ=セロン、エリック=ギター、ケリー=マコーミックほか
脚本:カート=ジョンスタッド
撮影:ジョナサン=セラ
音楽:タイラー=ベイツ

<キャスト>
ローレン=ブロートン:シャーリーズ=セロン
デヴィッド=パーシヴァル:ジェームズ=マカヴォイ
エメット=カーツフェルド:ジョン=グッドマン
時計屋:ティル=シュヴァイガー
デルフィーヌ=ラサール:ソフィア=ブテラ

<イントロダクション>
美人女優C・セロンがスパイのヒロイン役を、驚異的な量のアクションとともに体当たりで熱演。冷戦時代、英国の女性スパイ、ローレンは2つのミッションのためベルリンへ。

2012年に発表されたグラフィックノベルを原作に、英国の女性スパイ、ローレン・ブロートンが、冷戦終結直前のベルリンで繰り広げる死闘を描いた、ハードタッチのスパイアクション。中盤以降、ローレンが次々と現われる敵たちを迎え討つ勇姿を驚異的な長回しショットで描いたのが秀逸で、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のフュリオサ役も好評だったセロンは、本作でさらにワイルドに振り切ってみせた。J・マカヴォイなど共演の顔ぶれも充実。2018年5月、セロン自身が続編が作られる可能性を認めた。

<放送内容>
美人女優C・セロンがスパイのヒロイン役を、驚異的な量のアクションとともに体当たりで熱演。冷戦時代、英国の女性スパイ、ローレンは2つのミッションのためベルリンへ。

東西冷戦末期の1989年。英国MI6のスパイ、ローレンは、世界情勢に多大な影響を及ぼす極秘情報が記載された極秘リストの奪還と、MI6内部にいる敵の二重スパイ“サッチェル”の正体を突き止めろという指令を受け、ベルリンへ。現地の英国スパイ、デヴィッドと行動するが、なぜかローレンの行動は敵側に筒抜けになっており、誰が敵で誰が味方か分からない状況下、ローレンは次々と現われる敵と激闘を繰り広げていくが……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«9.7インチiPad ProをiOS 12.0.1にアップデートした