2024.04.13

ドラマ「GTOリバイバル」(お薦め度★★)

すでに学園ドラマではありません。
暴露系YouTuberが学園外の暴露話を拡散して、社会問題に発展するというカオス状態が展開します。

これはもう教師が解決できる問題ではありません。しかしながら、あの伝説の教師・鬼塚英吉が颯爽と登場して、解決に向けたことをほとんどしないにも関わらず、ハッピーエンドを迎えるというおちゃらけた内容でした。

26年前の連続ドラマ「GTO」から一貫して、気合と根性で何となく解決するパターンを踏襲していました。チェーンソーを持ち出したのはコメディでした。

それでも、鬼塚英吉と冬月あずさがドラマの中で結婚しており、最後に一緒に学校から帰るシーンはほっこりしました。

<オンエア情報>
4月1日(月)午後9:00~10:48。カンテレ・フジテレビ開局65周年特別ドラマ。

<スタッフ> 
原作:藤沢とおる『GTO』(講談社「少年マガジンKC」刊)
脚本:山岡潤平
音楽:福廣秀一朗
主題歌:BLUE ENCOUNT × Takashi Sorimachi「POISON」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
プロデューサー:安藤和久、河西秀幸、田端綾子
演出:深川栄洋
制作協力:メディアプルポ
制作著作:カンテレ

<キャスト>
反町隆史

岡崎紗絵
小手伸也
八木莉可子
畑芽育
日向亘
小林桃子


鈴木浩介
やべけんじ
宮澤美保
田邉成虎


池内博之
山崎裕太
窪塚洋介
徳山秀典
小栗旬
藤木直人


松嶋菜々子

<イントロダクション>
反町隆史主演『GTO』が、26年ぶりに復活!
あの伝説の教師・鬼塚英吉が帰ってくる!

鬼塚が問題だらけの高校に教師として赴任し
悩みを抱えた生徒たちに熱血授業を繰り広げる!

時代は平成から令和へ
富める者は富み、貧しい者は貧しくなり
ますます生きづらくなってきている現代で
鬼塚は令和のニューヒーローになれるのか?

<あらすじ>
鬼塚英吉(反町隆史)が赴任するのは、私立相徳学院高校。この高校で問題となっているのは、フォロワーが200万人近くいる暴露系インフルエンサー“裁ノカ笑”。有名人も一般人も関係なく、どんなネタでも詮索&拡散して炎上させており、これまでに相徳学院の教師や生徒が何人も晒されてきた。あまりに狙われるため、校内に“裁ノカ笑”にふんする犯人がいるのではないかとのうわさもあり、生徒たちは日々お互いの顔色を伺い、疑心暗鬼になりながら学校生活を送っている。そんな相徳学院で働くのが、事なかれ主義の教頭・富士山田剛司(小手伸也)。そして、3年1組の担任で、生徒にはあまり介入すべきでないというスタンスで教師をしている、日本史教師の綾原美結(岡崎紗絵)。
鬼塚はそのクラスの副担任をつとめることになる。3年1組の生徒には、 2人で暮らす仕事一筋の父・市川晃一(鈴木浩介)と関係がうまくいっていない、優等生キャラの市川すずか(八木莉可子)。仲の良い両親のもと幸せに暮らしていたが、父の会社の不正が“裁ノカ笑”に暴かれ倒産してしまった、遠藤凛(畑芽育)。野球の推薦で入学するも、ケガによって野球ができなくなってしまったことで、父親から日々ののしられている、宇野晴翔(日向亘)。そんな悩みを抱えた令和の高校生を前に、鬼塚はどんな熱血授業を繰り広げるのか—。

<鑑賞チャンネル>
Tver。

| | コメント (0)

2024.04.12

ドコモ回線の名義変更を行った

息子が独立するため、私の名前で契約して息子が使っていたドコモの音声回線をdocomoショップに行って名義変更しました。

【名義変更に必要なもの】
①委任状(ドコモサイトからダウンロードして息子が記入したもの)
②契約者(私)の運転免許証
③息子のマイナンバーカード
④息子のキャッシュカード
⑤息子のキャッシュカードの暗証番号

これだけのものが必要です。
③は、最初健康保険証を出したのですが、保険証は偽造が多いので顔写真が入ったものをお願いされて差し替えました。近い将来健康保険証は証明にならなくなるそうです。

なお、②と③は本物かどうかを店頭奥の器械でスキャニングして確認されました。かなり厳密にチェックされます。

④と⑤は、今までの私の支払いから息子に移行するために必要です。

窓口に座って15分くらいで手続きが完了しました。なお、3,850円の事務手数料は、家族間の名義変更のため無料でした。

息子はこの後、ドコモだと高額なので楽天モバイルにMNPでキャリア変更する予定です。

ちなみに、キャリア変更を含めたこの一連の手続きは、わが師匠に相談しています。いつもありがとうございます。

| | コメント (0)

2024.04.02

椿が満開です

近所の土手に椿が咲き誇っています。

Pxl_20240402_025917850

先日の大島旅行で、改めて椿の美しさを知ってから近所の生垣や土手に椿があることを認識しました。

Pxl_20240402_025733132

椿は身近な樹木だったのですね。

これからは、街中の多くの植物を観察したいと思います。

| | コメント (0)

«キリンの新ビール「晴れ風」を試した