2019.06.24

映画『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花』(お薦め度★★★★★)

第48作から15年遡って第25作です。既に『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』は観ていますが、7年も経っているので細かい部分は有難いことに忘れていましたので、改めて新鮮な感覚で鑑賞出来ました。

いやー!キャラクターが生き生きとしていて、寅さんの若い姿を観るだけで癒されました。人情味が溢れるほど詰まった脚本でした。改めて寅さんとリリーが旅人であると深く意識させられました。

シリーズ全49作を観終えました。本当に得難い作品の数々でした。

ようやく私の寅さんシリーズの鑑賞の旅も終わります。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:1980
制作国:日本
内容時間:104分

<スタッフ>
監督:山田洋次
脚本:山田洋次、朝間義隆
撮影:高羽哲夫
音楽:山本直純

<キャスト>
車寅次郎:渥美清
さくら:倍賞千恵子
松岡リリー:浅丘ルリ子
高志:江藤潤
かおり:新垣すずこ
おいちゃん(車竜造):下條正巳
おばちゃん(車つね):三崎千恵子

<イントロダクション>
渥美清主演の「男はつらいよ」シリーズ第25作。マドンナ女優はシリーズ3度目の登場となるリリー役の浅丘ルリ子。沖縄で再会した寅さんとリリーは、何と同棲生活に……?

第11作「~寅次郎忘れな草」や第15作「~寅次郎相合い傘」で、寅さんと相思相愛を思わせる仲に発展し、吉永小百合と並ぶベストマドンナのひとりとされる、浅丘演じるリリーがまたも登場。寅さんとリリーが同じ家で疑似同棲するという盛り上がる展開を経て2人の関係は……。ラブストーリーとして独自の感動を醸し、シリーズ中屈指の秀作に。当時の沖縄を記録した映像も貴重。他のロケ地は長野県軽井沢。第48作「~寅次郎紅の花」にもリリーは登場し、渥美が没した後の1997年、本作の“特別篇”が作られた。

<放送内容>
キャバレー回りの生活が続く歌手リリーから、テキ屋の寅次郎の実家《とらや》に沖縄から手紙が届く。体を壊したリリーは那覇の病院に入院しており、寅次郎にどうしても会いたいという。寅次郎は苦手な飛行機に乗って何とか病院にたどり着き、リリーと再会。退院したリリーと、ある家で夜は別の部屋で寝泊まりする“半同棲”の暮らしが始まる。リリーはさりげなく、寅次郎に自分と結婚する意思があるかどうか、探りを入れるが……?

<鑑賞チャネル>
WOWOW

【関連記事】
2011.12.24 寅さんをWOWOWで全部観るぞ!【追記あり】

| | コメント (0)

2019.06.23

映画『男はつらいよ 寅次郎紅の花』(お薦め度★★★★★)

寅さんの最後にふさわしい作品でした。
第45作からの後藤久美子が復帰して、満男のぶざまさが炸裂です。シリーズで最も情けないエピソードでした。

しかも、第11作第15作第25作で登場した“りりー”ことベストマドンナの浅丘ルリ子が満男の良き理解者という心憎い設定でした。

また、阪神淡路大震災後の神戸ロケもあり、復興を願うシリーズの心配りに頭が下がります。

車寅次郎は永遠です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:1995
制作国:日本
内容時間:108分

<スタッフ>
監督:山田洋次
脚本:山田洋次、朝間義隆
撮影:長沼六男
音楽:山本直純、山本純ノ介

<キャスト>
車寅次郎:渥美清
さくら:倍賞千恵子
リリー:浅丘ルリ子
泉:後藤久美子
満男:吉岡秀隆
船長:田中邦衛
政夫:神戸浩

<イントロダクション>
渥美清が主演した「男はつらいよ」シリーズの最終編となった第48作。4度目のマドンナ女優となった浅丘ルリ子演じるリリーの登場など、フィナーレにふさわしい感動編に!

本作の完成から8カ月後、1996年8月4日に寅さん役の渥美が逝去したことで本作がシリーズの最終作に(ただし後に「~寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」が作られた)。それまでシリーズの計3作で寅さんと恋をし、ベスト・マドンナという声が高いリリーが15年ぶりに登場。寅さんとリリーが交流を深めた「~ハイビスカスの花」の舞台、沖縄に近い奄美一帯でロケし、寅さんの甥・満男と憧れの人・泉の関係もクライマックスへ。何より、阪神淡路大震災後の神戸でロケした場面に驚きも感動もしない人はいないだろう。

<放送内容>
テキ屋の寅次郎の実家の面々は音信不通の寅次郎を心配するが、偶然見たTVで寅次郎が大震災後の神戸でボランティアをしていたと知る。だが、現地によれば、もう寅次郎はいないという。一方、寅次郎の甥・満男は片思いを続ける泉が岡山に嫁入りすると知って岡山へ。泉の結婚式当日、満男は大胆にも式を妨害し、泉は結婚をやめてしまう。落胆した満男は衝動的に乗った列車や船で鹿児島の加計呂麻島へ。そこで寅次郎やリリーと会う。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

【関連記事】
2011.12.24 寅さんをWOWOWで全部観るぞ!【追記あり】

| | コメント (0)

2019.06.22

映画『エヴァ』(お薦め度★★)

『エル ELLE』のイザベル=ユペールが出演しているので飛びつきました。
どれほどの悪女っぷりなのかと期待したのですが、そんな話でもありませんでした。
単に才能の無い似非劇作家が自爆するだけです。

それよりもイザベル=ユペールが高級売春婦という設定に無理があります。初老のおばさんでエロティックな魅力は皆無です。

物語は退屈だし、折角のイザベル=ユペールの魅力が感じられないので、ほとんど価値のない作品でした。昔からの訳の分からないフランス映画らしさを感じました。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Eva
制作年:2018
制作国:フランス・ベルギー
内容時間:102分

<スタッフ>
監督:ブノワ=ジャコー
製作:マリー=ジャンヌ=パスカル、メリタ=トスカン=デュ=プランティエ
脚本:ジル=トーラン、ブノワ=ジャコー
撮影:ジュリアン=イルシュ
音楽:ブリュノ=クーレ

<キャスト>
エヴァ:イザベル=ユペール
ベルトラン=バラデ:ギャスパー=ウリエル
カロリーヌ:ジュリア=ロイ
ジョルジュ=マーラン:マルク=バルベ
レジス=グラン:リシャール=ベリ

<イントロダクション>
現代フランス映画界随一の実力派女優、「エル ELLE」のI・ユペールが、男たちを破滅の運命へと追いやる高級売春婦に扮して魔性の女の魅力を発揮する官能サスペンス。

かつてジョゼフ・ロージー監督の手により「エヴァの匂い」の邦題で映画化された、J・H・チェイスの人気ハードボイルド小説「悪女イヴ」を、「シングル・ガール」のB・ジャコー監督が再映画化。ロージー監督版では今は亡きジャンヌ・モローが冷酷非情に演じて、映画史上屈指の悪女演技の一つと絶賛を博したタイトルロールのヒロインを、本作では「エル ELLE」のI・ユペールがやはり冷ややかに好演。彼女にすっかり翻弄されて破滅していく偽作家を演じるのは、「たかが世界の終わり」の美男俳優G・ウリエル。

<放送内容>
男娼のベルトランは、ある晩、自分を買った顧客の老人がその場で息絶える非常事態に遭遇。老人の書き残した小説を自らの名前で発表したベルトランは、新進の人気作家として脚光を浴び、カロリーヌという美しい婚約者もできて新たな人生の道を歩み始める。新作の執筆のため、雪山の別荘に出向いた彼は、吹雪で立ち往生した末、勝手に別荘内に入り込んでくつろいでいた男女と出くわし、高級売春婦であるエヴァに一目惚れしてしまう。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

«映画『イコライザー2』(お薦め度★★)