2017.04.26

メインで使っているクレジットカードが使えなくなった(泣)

やっちまった!

オンラインで息子のシューズを購入しようとして、メインで使用しているクレジットカードが支払不能のエラー表示です。

クレジットカードが利用停止になる主な原因は2つです。
①利用額の支払が遅れた場合
②利用限度額を超えた場合

先ず①を疑ってクレジットカード利用額の引落口座を記帳して残高を確認したところ残高はあるのでこれではない。

となると、②です。心当たりがあります。引越後1ヶ月間はいろいろとお金を使っているので、来月請求額を事前に確認して利用限度額内であることを確認済でした。

改めて、クレジットカード会社のMyページで確認したところ、請求額確定後にも引続き利用しているため累積で利用限度額を超えていました。利用可能額は0円!トホホ...

ならばとMyページの利用限度額変更メニューから、手続きを取ろうとしましたが、現在設定されている利用限度額以下の金額しかありません。アウト!

ということで来月の口座引落が実行されるまで使えないことが確定しました(泣)。

他のクレジットカードがあるので問題は全くないのですが、ETCカード、家族カードも連動しているので焦りました。

特に今週末は高速道路を運転するのでETCカードが使えるのか事前に確認が必要です。コールセンター電話しましたが、予想通り「しばらくお待ちください」の音声案内ばかりで繋がりません。そこで検索したところ、「ETCカードは有効期限が切れてさえいなければ問題なく利用可能」とのことで、セーフでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.24

映画『ちはやふる−下の句−』(お薦め度★★★)

前編と比べると共感できるエピソードは無く、悪くはないがそれほどの物語性はありません。

どうして団体戦でチームワークが大事と謳っていたのに、幼馴染の挫折に対して個人戦を戦うことで、幼馴染を鼓舞できるのか意味不明でした。

競技かるたをするチームメンバーで行う喜びよりも、主人公の欲張りな負けん気だけが強調されて残念な内容です。

せっかく前編で作り上げた設定が生かされない物語に、2部作で作る意味があったのか疑問です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2016
制作国:日本
内容時間:103分

<スタッフ>
監督・脚本:小泉徳宏
撮影:柳田裕男
音楽:横山克

<キャスト>
綾瀬千早:広瀬すず
若宮詩暢:松岡茉優
真島太一:野村周平
綿谷新:真剣佑
大江奏:上白石萌音
西田優征:矢本悠馬
駒野勉:森永悠希
須藤暁人:清水尋也
宮内妙子:松田美由紀
原田秀雄:國村隼

<番組紹介/解説>
人気女優、広瀬すずを主演に迎え、末次由紀が“競技かるた”の世界を描いた同名人気コミックを映画化。2016年の日本映画界で大きく注目を集めた青春映画2部作の後編。

都大会で優勝した千早ら5人の部員からなる、ある郊外の高校の競技かるた部は、全国大会でも優勝しようと目指す。しかし、他校のカリスマ的な有力選手、詩暢と彼女が所属するチームが、千早たちの前に強力なライバルとなって立ちふさがる。その一方、千早は自分に競技かるたの魅力を教えてくれたが故郷である福井に帰ってしまった新との再会を望むようになるが、千早と同じ部に所属する別の幼なじみの太一はつい嫉妬心を覚え……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.20

映画『の・ようなもの』(お薦め度★★)

森田芳光監督の出世作として、ただ懐かしいだけの映画でした。
公開当時はかなり笑った記憶があるのですが、今観ると全く笑えません。
時代の雰囲気を組み込んだ作品だったのでしょう。

伊藤克信の演技力の酷さは色あせません(笑)
どうして彼を起用したのかいまだに理解できません。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:1981
制作国:日本
内容時間:104分

<スタッフ>
監督・脚本:森田芳光
撮影:渡部眞
音楽:塩村宰

<楽曲情報>
シー・ユー・アゲイン雰囲気/尾藤イサオ

<キャスト>
志ん魚:伊藤克信
エリザベス:秋吉久美子
志ん米:尾藤イサオ
由美:麻生えりか
志ん水:でんでん
志ん肉:小林まさひろ

<番組紹介/解説>
「家族ゲーム」「それから」で1980年代の邦画をリードした鬼才・森田芳光監督の本格的劇場用映画の第1作。本作が原点の新作「の・ようなもの のようなもの」も話題。

東京の下町。まだ二ツ目である若手落語家・志ん魚は23歳の誕生日、友人たちの声援を受けながら初めてソープランドへ。そこで読書好きのインテリという一風変わったソープランド嬢エリザベスと出会い、その後も彼女とデートを重ねるように。一方、志ん魚は自分が指導することになった女子高の落語研究会に所属する由美にも好意を抱くように。やがて志ん魚は彼が慕う先輩・志ん米が真打ちに昇進したことに強くショックを受け……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«昨年に続き、半袖で通勤です