2018.12.14

映画『レディ・ガイ』(お薦め度★★)

復讐の復讐というどうにもへんちくりんな話です。
要するに復讐が甘く、返り討ちという展開なのですが、非常に分かり難い脚本でした。
大体、殺し屋を性転換手術をするという意味不明な復讐は???

敵役がシガニー=ウィーバーという冴えたキャスティングなのに、拘束衣で登場させる演出は訳が分かりません。ラストで回収されない不思議な伏線でした(笑)

傑作『ストリート・オブ・ファイヤー』を作ったウォルター=ヒル監督は才能が枯れたようです。歳が近いポール=ヴァーホーヴェン監督の同年制作された『エル ELLE』とは比べものになりません。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Revenger(The Assignment)
制作年:2016
制作国:アメリカ
内容時間:97分

<スタッフ>
監督:ウォルター=ヒル
製作:ミヒェル=メルクト、サイド=ベン=サイド
原案:ウォルター=ヒル、デニス=ハミル
脚本:ウォルター=ヒル、デニス=ハミル
撮影:ジェームズ=リストン
音楽:ラネイ=ショックニー
テーマ曲:ジョルジオ=モロダー

<キャスト>
フランク=キッチン: ミシェル=ロドリゲス
レイチェル=ジェーン: シガニー=ウィーヴァー
ガレン :トニー=シャルーブ
オネスト=ジョン: アンソニー=ラパリア
ジョニー:ケイトリン=ジェラード

<イントロダクション>
凄腕の男性殺し屋フランクは彼を恨む女性医師によって性転換手術をされ……。「ストリート・オブ・ファイヤー」などの鬼才アクション監督W・ヒルによるバイオレンス活劇。

1970~80年代、「ザ・ドライバー」「ウォリアーズ」「ストリート~」「48時間」など、スタイリッシュなアクション映画をヒットさせた名手ヒル監督が、74歳にして原案・脚本も兼任して放った異色の痛快アクション。途中からヒロインに生まれ変わってしまう主人公フランクの物語と、彼に復讐したい女性医師レイチェル(演じるのはヒルがプロデュースした「エイリアン」シリーズ第1~4作でおなじみのS・ウィーヴァー)の物語を並行して描写。最近では珍しい拳銃だけのガンアクション場面の数々も見ものだ。

<放送内容>
凄腕の男性殺し屋フランクは彼を恨む女性医師によって性転換手術をされ……。「ストリート・オブ・ファイヤー」などの鬼才アクション監督W・ヒルによるバイオレンス活劇。

凄腕殺し屋フランクはマフィアのボス、オネスト・ジョンから、ラスベガスである人物を暗殺するよう依頼されて現地に向かうが、ジョンは部下たちに自分の敵になりそうなフランクを襲うよう仕向ける。被弾して倒れたフランクが目覚めると、彼は自分が手術で女性に性転換させられたと知って驚く。手術を担当した医師ジェーンは、実はある理由からフランクに対して強く恨みを抱いていたが、手術はフランクにある転機を迫ることに……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.13

Feedlyが有料になったのでInoreaderに移行した

Feedlyが今月のアップデートで操作性が大幅に変わり使いづらいと思っていました。特にPocketとの連携が悪くなりました。従来は記事を長押しするだけでPocketに保存できていたのが、共有ボタンを押してPocketボタンを押す3ステップになりました。その他に最初の画面がTODAYで、いちいちALLに切り替える手間も増えました。従来のユーザーインターフェースに戻れないか設定を確認したのですが、駄目でした。かなりストレスを感じる操作感です。それでも慣れるまでの我慢と思って利用していたのですが、昨日新たなサイトを追加登録しようとして有料になったことに気付きました。

操作性が悪くなって有料となると別のRSSリーダーに移行しかありません。「Feedly 有料」で検索したところ、「ゆっくし一歩」ブログの次の記事が参考になりました。

「【RSSリーダー】有料になってしまったFeedlyからコンテンツをInoreaderへ移行(インポート)する超簡単な方法」

この手順通りに作業を進めたら、簡単にFeedlyの購読リストをInoreaderに引越しすることができました。

IMG_4048

Inoreaderは日本語対応しているので、設定に困ることはありません。Feedlyと比べて直感的な操作ではなく、動作が遅く期待した動きにならないので慣れるまで時間がかかりそうです。

ちなみに、Pocketへの連携ですが、Feedlyは3ステップでしたが、Inoreaderは画面を閉じる操作があるので4ステップです。まぁ、仕方ないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.12

映画『パーフェクト・ガイ』(お薦め度★★★★)

構成が見事です。
前半の状況から後半は全く予想出来ないほど一変する展開は見ものです。

米国映画は低迷していると思っていたのですが、どうしてどうして底力があります。

米国ならばストーカー対策が万全と考えていたのですが、本作を見る限り米国の警察でも思うように手出しができないことがわかりました。

ただし、流石にラストはTHEアメリカです。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:The Perfect Guy
制作年:2015
制作国:アメリカ
内容時間:100分

<スタッフ>
監督:デヴィッド=M=ローゼンタール
製作総指揮:マイケル=イーリー、サナ=レイサン、グレン=S=ゲイナー
製作:ニコール=ロックリンほか
脚本:タイガー=ウィリアムズ
撮影:ピーター=シモニーテ
音楽:アトリ=オーヴァーソン、デイヴ=フレミング

<キャスト>
リア :サナ=レイサン
カーター=ダンカン:マイケル=イーリー
デイヴ:モーリス=チェスナット
ロジャー:チャールズ=S=ダットン
マッカーシー:テス=ハーパー
カレン:キャスリン=モリス

<イントロダクション>
恋人と破局して失意に沈むヒロインが、知的で優しく容姿も抜群の“パーフェクト・ガイ”と出会うのだが……。全米スマッシュヒットを記録したストーキングサスペンス。

容姿も性格も完璧と思われた男性が、やがて異常な本性を現わしてストーカーと化すサスペンススリラー。全米ボックスオフィス初登場1位を記録、4週にわたってトップ10圏内をキープしたスマッシュヒット作となった。「エイリアンVS.プレデター」や「タイムリミット」などのS・レイサンが製作総指揮にも名を連ね、理想の恋人と出会ったと思いきや恐怖のどん底に突き落とされるヒロインを演じる。同じく製作総指揮を兼ね、“パーフェクト・ガイ”役を不気味に演じたM・イーリーの存在感にも注目だ。

<放送内容>
恋人と破局して失意に沈むヒロインが、知的で優しく容姿も抜群の“パーフェクト・ガイ”と出会うのだが……。全米スマッシュヒットを記録したストーキングサスペンス。

やり手のロビイストとして充実した日々を送るリア。だがある日、彼女は長年交際していたデイヴと結婚や家族のことで口論となり、ついに破局してしまう。失意の矢先、リアはダンカンという感じのいい男性と出会う。ダンカンは知的で優しく、見た目も申し分ない、彼女にとって理想の男性だった。新たな恋に心ときめかせるリアだったが、あるときダンカンがけんかになった相手を執拗に殴り続ける姿を見て、胸に一抹の不安を抱く。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Band 2 Proが壊れたので、ファーウェイのカスタマーサービスに修理を依頼した