2019.03.18

映画『ソムニア-悪夢の少年-』(お薦め度★★★)

エレガントなホラー作品です。
怖くて物悲しい物語でした。

キャスティングが冴えています。子役・ジェイコブ=トレンブレイの子供らしい健気さとかわいさ、養母役は映画『パーフェクト・メモリー』のケイト=ボスワースで、彼女の美貌と母性によって、悲劇性と関係性をより高める効果が生まれています。養父役・トーマス=ジェーンも理想的な父親として無くてはならない存在でした。

アメリカ映画のホラーは今までほとんど評価することはなかったのですが、本作は脚本が素晴らしく納得できる内容です。マイク=フラナガン監督に注目して行きたいと思います。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Before I Wake
制作年:2016
制作国:アメリカ
内容時間:97分

<スタッフ>
監督:マイク=フラナガン
製作:トレヴァー=メイシー、サム=イングルバート、ウィリアム=D=ジョンソン
脚本:マイク=フラナガン、ジェフ=ハワード
撮影:マイケル=フィモナリ
音楽:ダニー=エルフマン
音楽:ザ・ニュートン・ブラザーズ

<キャスト>
ジェシー:ケイト=ボスワース
マーク:トーマス=ジェーン
コーディ:ジェイコブ=トレンブレイ
ナタリー:アナベス=ギッシュ
ウェラン:ダッシュ=ミホク

<イントロダクション>
素直で聡明にもかかわらず、なぜか里親のもとを転々とする少年。実は彼には夢で見たものを具現化させる力があった。天才子役J・トレンブレイ主演のファンタジックホラー。
 
愛する息子を失った夫婦が、悲しみを乗り越えるために8歳の少年を養子を迎えるが、その子には“ある秘密”があった。彼は眠っている間、夢に見ているものを具現化させるという不思議な能力を持っていたのだ。やがて夫婦の妻は、少年の力を使った亡き息子との再会に耽溺し……。「ルーム」の熱演で天才子役と呼ばれたトレンブレイが、望まぬ力とその副作用におびえる少年を好演。現実の少年より、具現化された幻影の実の子との再会に溺れていく母親役を、K・ボスワースが悲しみをたたえてこちらも熱演する。
<放送内容>
ジェシーとマークの夫婦は、息子ショーンを失った悲しみを乗り越えるべく、8歳の少年コーディを養子に迎える。コーディは素直で申し分のない少年ながら、なぜか里親のもとを転々としていた。程なく夫婦は、その理由を知る。コーディは眠りに落ちると、夢に見たものを実体化する不思議な力を持っていたのだ。そんなある夜、コーディは写真で見たショーンを具現化させ、やがてジェシーは夜ごとのショーンとの再会に溺れていく。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.17

ドラマ「ハケン占い師アタル」[全9話](お薦め度★★★)

ひねりの利いたお仕事コメディドラマで楽しめました。
読心術という本作で言うところの占い能力のある主人公が派遣社員として働きながら、行き詰った同僚社員の人生相談をする風変わりな物語です。

毎回新興宗教のような出だしで胡散臭さを醸しながら、日本人が現実にかかえそうな悩み事に対して解決に導く骨のあるアドバイスが刺さりました。

働く人のお悩みを直接占いで救うという発想は、今までありそうでなかったので脚本家・遊川和彦の鋭さに感心しました。

以下、オフィシャルサイトから引用。

<オンエア情報>
テレビ朝日、2019年1月17日〜3月14日毎週木曜21時放送。「木曜ドラマ」。

<スタッフ>
脚本:遊川 和彦 (『家政婦のミタ』、『過保護のカホコ』、『はじめまして、愛しています。』ほか)
音楽:平井 真美子
ゼネラルプロデューサー:黒田 徹也(テレビ朝日)
プロデューサー:山田 兼司(テレビ朝日)、山川 秀樹(テレビ朝日)、太田 雅晴(5年D組)、田上 リサ(5年D組)
演出:遊川 和彦、日暮 謙(5年D組)、伊藤 彰記(5年D組)
制作協力:5年D組
制作著作:テレビ朝日

<キャスト>
的場中(まとば・あたる) :杉咲花
上野誠治(うえの・せいじ):小澤征悦
神田和実(かんだ・かずみ): 志田未来
目黒円(めぐろ・まどか): 間宮祥太朗
品川一真(しながわ・かずま):志尊淳
田端友代(たばた・ともよ):野波麻帆
大崎結(おおさき・ゆい):板谷由夏
代々木匠(よよぎ・たくみ):及川光博
キズナ:若村麻由美

<イントロダクション>
悩み多き“働く人々”と会社を変える
ニュータイプの救世主が登場!
杉咲花×遊川和彦
が仕掛ける
平成最後の新“働き方改革”

■“あらゆるものが見える能力”を持つ派遣社員が、閉塞した会社に風穴を開ける!
働くことって、人って、素晴らしい――明日がもっと楽しくなる“お仕事ドラマ”誕生

官民を挙げて“働き方改革”が叫ばれる現在。しかし、労働時間の短縮や業務の効率化だけではなかなか解決されないのが、“働く人々のリアルな悩み”です。実際、人間関係や仕事との向き合い方で行き詰まり、頭を抱え続ける人は多数…。そんな“人間”だからこそ湧き上がる職場での葛藤や悩みに光を当て、働く人々を希望の道へと導く“ニュータイプの救世主”が、満を持して誕生します!

その救世主とは、派遣社員のアタルこと、的場中(まとば・あたる)。いつもニコニコしながら働くアタルですが、実は“ある秘密”が…。なんと、彼女には悩みや原風景をはじめ、他人のあらゆることが見えてしまう特殊能力があるのです! アタルはそんな一種の占い能力を駆使し、周りの正社員たちが抱える悩みを根本から解決していくことに…。

平成最後の心の大掃除ともいえる新“働き方改革”で、将来への希望と活力を与える、お仕事コメディードラマ『ハケン占い師アタル』。かつてない救世主・アタルの登場で、どんどんポジティブに生まれ変わっていく会社と同僚たちを見れば、明日も元気になれて、もっともっと働きたくなるはずです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.16

映画『クリムゾン・プラネット』(お薦め度★★★)

パンドラの箱を開いたその先を描く野心的な物語です。
一見、シンギュラリティ後の人工知能(AI)と人間の関係性をテーマにしていると思わせておいて、実はそれ以上の世界が語られています。イギリス映画のSFはちょっと小難しいです。
分かりにくい内容ながら、想像を超える地点に到達します。

主演のケイティ=サッコフは、どこかで観た顔でした。当ブログを検索したらドラマ「24 -TWENTY FOUR- <シーズンⅧ>」がヒットしました。CTUの上級データ分析官を演じたアメリカ人女優です。複雑な心理描写が出来る演技派です。

ちなみに、邦題のクリムゾン(Crimson)とは、深い赤、深紅色、あかね色の意味です。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Origin Unknown(2036 Origin Unknown)
制作年:2018
制作国:イギリス
内容時間:95分

<スタッフ>
監督・原案:ハズラフ=ドゥルール
製作:ジェームズ=T=ライアン、アニス=シュレウェト
脚本:ゲイリー=ホール
撮影:アダム=スカルソープ
音楽:マイケル=スティーヴンス

<キャスト>
マック(マッケンジー):ケイティ=サッコフ
リーナ:ジュリー=コックス
スターリング:レイ=フィアロン
アーティ(声):スティーヴン・クリー
<イントロダクション>
2036年、人類が送り込んだ探査機は火星の地表で正体不明の“キューブ(立方体)”を発見するが……。凝ったVFXを駆使した、壮大なスケールの物語の本格SFドラマ。
 
人類の宇宙進出において、AI(人工知能)が人間よりも重要になった近未来、人類の常識を超えた存在、“キューブ”が火星の地表で見つかるが……。少ない登場人物とセットからB級映画風だが、凝ったVFXや後半でぐんぐんとスケールアップする展開など、これはSF映画ファンにとってはお楽しみというべき拾い物。主演は傑作SFドラマ「バトルスター・ギャラクティカ」(別邦題「GALACTICA/ギャラクティカ」)のスターバック役でSFファンに大人気の女優K・サッコフ。WOWOWの放送が日本初公開。

<放送内容>
2030年、宇宙船“マーシャン1”は火星への到着に失敗してしまう。これをきっかけに地球の“USPC(宇宙惑星連合社)”は宇宙船のコントロールをAIの“アーティ”に任せるようになる。2036年、火星の軌道上に浮かぶ衛星から火星の地表に探査機が送り込まれ、姉リーナが“USPC”で重職にいる女性オペレーター、マックは渋々ながら“アーティ”を補佐するが、探査機は謎めいた未確認物体“キューブ”を発見し……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«映画『お米とおっぱい。』(お薦め度★)