2020.07.14

映画『マイ・ブックショップ』(お薦め度★★★)

主人公がハラスメントされるという題材の内容で、面白くありません。
タイトルと番宣写真から心温まる物語だと思っていたのですが、イギリスの片田舎で町の実力者が、主人公が経営する本屋を潰そうとする展開です。

耐えて耐えて、最後には何とかなるだろうという期待だけで観続けましたが、、、

このようなストーリーは俺には合いません。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:The Bookshop
制作年:2017
制作国:スペイン・イギリス・ドイツ
内容時間:113分

<スタッフ>
監督:イザベル=コイシェ
製作:ジャウマ=バナコローチャ、ジョアン=バス、アドルフォ=ブランコほか
脚本:イザベル=コイシェ
撮影:ジャン=クロード=ラリュー
音楽:アルフォンソ=ビラヨンガ

<キャスト>
フローレンス=グリーン:エミリー=モーティマー
ガマート夫人:パトリシア=クラークソン
エドモンド=ブランディッシュ:ビル=ナイ
クリスティーン:オナー=ニーフシー

ナレーション:ジュリー=クリスティ

<イントロダクション>
スペインの実力派女性監督I・コイシェが、P・フィッツジェラルドの原作小説を映画化。同国のアカデミー賞に当たる第32回ゴヤ賞で作品賞など計3部門を受賞した感動作。

「死ぬまでにしたい10のこと」や菊地凛子主演の「ナイト・トーキョー・デイ」などで知られるコイシェ監督が、イギリスの女性作家フィッツジェラルドの小説「ブックショップ」を映画化。1959年、イギリスのとある町に書店を開業した本好きのひとりの女性が、周囲の人々と織り成すささやかな人間模様を味わい深く繊細に描き、幅広い観客層の支持と共感を獲得。第32回ゴヤ賞で作品賞、監督賞、脚色賞の3部門を受賞したのをはじめ、数多くの賞に輝いた。「ベロニカとの記憶」のE・モーティマーの好演も見もの。

<放送内容>
1959年、イギリスの海辺のとある町。戦争で夫を亡くしたフローレンスは、長らく放置されていた古い家を買い取ると、町に1軒もなかった書店を開業することに。それをあまり快く思わない町の有力者ガマート夫人から、何かと妨害や嫌がらせを受ける一方で、フローレンスは、長年自らの邸宅に引きこもって隠遁生活を続ける謎めいた老紳士のブランディッシュ氏と、お互いの本好きを通じて、次第に親交を深めるようになるのだが…。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

新型コロナ感染防止、テレワーク63日目です

昨日(7月13日)から、63回目のテレワークです。

東京都は13日、新型コロナウイルスの感染者が新たに119人確認され、1日あたりの新規感染者が200人を下回るのは8日以来5日ぶりです。

新型コロナウイルス(COVID-19)の国内は次の状況です(日本経済新聞社より)。
7月13日午後10時現在(カッコ内は当日分)
・国内での感染者合計 21,776人(+247人)
・退院患者      17,887人(+100人)
・死者          983人(+ 1人)

| | コメント (0)

2020.07.13

映画『アド・アストラ』(お薦め度★★★)

深宇宙を舞台に、無常感が漂うSF作品です。
大作であるのは間違いないのですが、違和感があります。
人類にとって最重要なミッションの割に、主人公が何故か遠回りさせられます。
しかも、ミッションが途絶えるほどのリスキーな遠回りが仕掛けられていて、リアリティがありません。さらに、物語の核となる父と子の話も理解出来ません。

あまりに勿体ない内容でした。

ただし、遠回りする御蔭で、月や火星の基地のSFらしい秀逸なデザインが視覚的に楽しめます。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:Ad Astra
制作年:2019
制作国:アメリカ
内容時間:124分

<スタッフ>
監督:ジェームズ=グレイ
製作:ブラッド=ピット、デデ=ガードナー、ジェームズ=グレイほか
脚本:ジェームズ=グレイ、イーサン=グロス
撮影:ホイテ=ヴァン=ホイテマ
音楽:マックス=リヒター

<キャスト>
ロイ=マクブライド:ブラッド=ピット
H=クリフォード=マクブライド:トミー=リー=ジョーンズ
ヘレン=ラントス:ルース=ネッガ
イヴ:リヴ=タイラー
トム=プルーイット大佐:ドナルド=サザーランド

<イントロダクション>
B・ピットが、「アンダーカヴァー」のJ・グレイ監督とコンビを組み、太陽系存亡の危機を救うため、遥か彼方へ旅立つ宇宙飛行士をクールに演じた異色の近未来SFドラマ。

現代屈指の人気実力派スターにして、映画製作会社〈プランB〉の共同設立者のひとりとして数々のアカデミー賞受賞映画を世に送り出し、幅広く活躍するピット。本作でも共同製作を兼ねた彼が、沈着冷静な宇宙飛行士の主人公に扮して、抑制の利いた内面演技を披露。広大な宇宙を舞台にし、T・L・ジョーンズ、D・サザーランド、L・タイラーらが豪華に競演したSF映画とはいえ、スペースアクションとは対極にある内省的で静謐なドラマが展開。派手な娯楽アドベンチャー大作と一線を画す、斬新な映画体験が味わえる。

<放送内容>
巨大な電気嵐が近未来の地球を襲い、各地で不慮の災害や事故が発生。自らもそのせいで危うく命を落としかけた宇宙飛行士のロイは、ある極秘情報を聞かされて驚く。かつて初の太陽系外有人探査計画の司令官として宇宙へ旅立ち、その後消息を絶った父のクリフォードが実はまだ生きていて、彼が今なお続行中の実験のせいで電気嵐が生じ、このままでは太陽系に壊滅的危機が訪れるというのだ。かくしてロイは父に会いに宇宙へと旅立つ。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

«新型コロナ感染防止、テレワーク62日目です