2019.12.15

映画『雪の華』(お薦め度★★★★)

企画とキャスティングにあざとさを感じながらの鑑賞でしたが、岡田惠和ワールドにどっぷりつかった悲恋に涙、涙でした。ラブストーリーとして大満足です。

中島美嘉の代表曲『雪の華』が主題歌でタイトル、俳優としての力量があるのかどうかわからないEXILEグループの登坂広臣が中条あやみとともにW主演で起用され、どう考えても心配な要素ばかりでした。

しかし、そこは何と言っても脚本です。乙女チックでファンタジーっぽさがあったので、演技力の弱い二人でも様になっていました。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
制作年:2019
制作国:日本
内容時間:126分

<スタッフ>
監督:橋本光二郎
脚本:岡田惠和
撮影:大嶋良教
音楽:葉加瀬太郎

<キャスト>
綿引悠輔:登坂広臣
平井美雪:中条あやみ
平井礼子:高岡早紀
岩永:浜野謙太
若村:田辺誠一
綿引初美:箭内夢菜

<イントロダクション>
中島美嘉が歌った同名の人気曲から生まれた物語を、登坂広臣と中条あやみのダブル主演で映画化。余命1年の美しい女性と彼女が出会ったガラス工芸家志望の青年の恋を描く。

中島が歌って2003年に大ヒットし、多くのアーティストにカバーもされた人気曲「雪の華」をもとに、ベテラン岡田惠和が書き下ろした脚本を、「小さな恋のうた」の橋本光二郎監督が映画化。「HiGH&LOW」シリーズなどで俳優としても人気の登坂が不器用ながら真実の愛に目覚める青年役を爽やかに演じれば、余命少ない美雪を演じる中条は凛とした美しさとはかなさを併せ持つ女性像を表現してみせた。ロケを敢行したフィンランドの美しい風景が悲恋を盛り上げ、浜野謙太、田辺誠一といった共演陣の好演も光る。

<内容>
余命1年と宣告された美雪の夢は、フィンランドで赤いオーロラを見ることだった。病院からの帰り道、美雪はひったくりに遭い、ガラス工芸家を目指す悠輔に助けられる。“もっと声を出せよ”と励まされた美雪は、半年後、悠輔を見掛けて後を追い、彼が働く喫茶店で再会するが、悠輔は彼女のことを覚えていなかった。やがて喫茶店が経営危機に陥っていると知り、美雪は悠輔に1カ月だけ恋人になってほしいと100万円を渡すが……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

 

| | コメント (0)

2019.12.13

chromecastを追加購入した

今までTVで使用していたchromecastをプロジェクターに使うことにしたので、新たにTV用にchromecastを購入しました。

Img_7443
ビックカメラ.comでコーラル色が3,780円だったので注文して12月8日に届きました。

Img_7444

購入に当たって、Chromecast Ultra(9,900円)にしようか考えたのですが、4K対応テレビでは無いことと、高いので見送りました。amazonのFire TV Stick(4,980円)はAlexa対応なので論外です。

セットアップはアプリ「Google Home」で行えますが、次の画面から進みません。

Img_7445

我が家の二階のWi-Fiは中継機を使っているためです。そのため自動では行えず、手動でパスワードを入力して完了させました。それでも簡単に導入出来ますね。

YouTube動画をストリーミングしてみると明らかに2016年に購入したchromecastよりも発色が良くてきれいです。前のものは第2世代で、今回のchromecastは第3世代のようで、1080p 60fpsのビデオが再生可能とのことです。

Chromecast (第1世代) 1個
Chromecast (第2世代) 1個
Chromecast (第3世代) 1個

今回で3個目です。第1世代は親戚にあげて手元にありません。

第2世代と第3世代は共に操作性は同一なので、扱いが楽です。

| | コメント (0)

2019.12.12

映画『フロントランナー』(お薦め度★★)

取り立てて面白い作品ではありません。
実話に基づいていても、単に往生際が悪い、情けない男の末路が描かれているだけです。スキャンダルの対処法を誤っているだけならともかく、交際相手に対する配慮が全くなく逃げ隠れする政治家なんてどうしようもありません。

そういえば、先に鑑賞した実話劇の映画『プリズン・ランペイジ』と大差ないレベルです。わざわざ映画化するだけの話でもありませんでした。北米において実話での映画化はネタが枯渇しているようにしか感じられません。

以下、WOWOWオンラインから引用。

<作品データ>
原題:The Front Runner
制作年:2018
制作国:アメリカ・カナダ
内容時間:114分

<スタッフ>
監督:ジェイソン=ライトマン
製作:ジェイソン=ライトマン、ヘレン=エスタブルック、アーロン=L=ギルバート
脚本:マット=バイ、ジェイソン=ライトマン、ジェイ=カーソン
撮影:エリック=スティールバーグ
音楽:ロブ=シモンセン

<キャスト>
ゲイリー=ハート:ヒュー=ジャックマン
リー=ハート:ヴェラ=ファーミガ
ビル=ディクソン:J=K=シモンズ
アイリーン=ケリー:モリー=イフラム
ベン=ブラッドリー:アルフレッド=モリーナ

<イントロダクション>
グレイテスト・ショーマン」の人気男優H・ジャックマンが、1988年米国大統領選挙で有力とされながら恋愛スキャンダルを報道された政治家G・ハートを演じた実話劇。

1988年米大統領選挙、民主党大統領予備選候補で最有力候補(フロントランナー)とされながら、マイアミの地方紙が報道したスキャンダルによって一気に失速していった主人公ゲイリー・ハート。本作はハートとその妻リーの夫婦関係のみならず、当時の大統領選挙の舞台裏、政治とマスコミの関係を赤裸々に暴いたノンフィクション政治サスペンスの秀作。現実に大統領選では共和党のジョージ・H・W・ブッシュが勝利。この報道がなかったら歴史は変わったかもしれない。監督は「ヤング≒アダルト」のJ・ライトマン。

<内容>
1988年。以前から民主党で大統領候補になると評判だったハートは、党の大統領候補予備選に打って出る。しかし私生活で献身的な妻リーがいながら、浮気をしていて問題があると噂されていた。地方の新聞社“マイアミ・ヘラルド”の記者たちは、ある女性から友人がハートと密会しているとの密告を受け、キャンペーンで全米各地を転々とするハートを追ううち、ハートがある女性とひそかに会う場面を目撃し、スクープにするが……。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

| | コメント (0)

«iPadOS 13.3のアップデートに、WOWOWアプリが未対応だった(夜に復旧)