« 『ロスト・イン・トランスレーション』 | トップページ | F1第6戦モナコGP »

2004.05.23

ブルーウェーブ対ロッテ

2年ぶりの野球観戦。千葉マリンスタジアムのロッテホーム試合としては3年ぶりで、バレンタイン監督が率いたチームは初めて。ジョニーこと背番号54、黒木知宏が先発。生で見たところ球に勢いがあり復調している印象を受けた。あとは勝ち星だけだ。1塁側外野席スタンドはほぼ満員で黒木投手に勝って欲しいという温かい応援を続けている。ロッテファンは誰もが待ち望んでいる白星だ。4回裏ロッテの攻撃、1、3塁で浜名がタイムリーを放ち1点先取。5回表も黒木は好投を見せた。勝ち投手の権利を取ったのを見定めて球場を後にした。台風2号が前々日に通過したにもかからず、週末は雨模様で肌寒く野球観戦に向かないため早目に切り上げた。1塁側から応援していたのでベンチの中を見ることができず、バレンタイン監督を見られなかった。自宅に戻って千葉ロッテマリーンズのホームページで結果を確認。1対3でロッテの勝利。しかし、惜しい。黒木投手は6回途中で降板し、その後追いつかれたため勝利投手になれなかった。次に期待したい。頑張れ、ジョニー。

|

« 『ロスト・イン・トランスレーション』 | トップページ | F1第6戦モナコGP »

コメント

6月2日(水)マリーンズ 対 ホークス 北九州市民球場
             15対5
黒木知宏投手、2001年7月7日以来1061日ぶりの勝利。
やりました! おめでとう!

投稿: erabu | 2004.06.02 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/643122

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーウェーブ対ロッテ:

« 『ロスト・イン・トランスレーション』 | トップページ | F1第6戦モナコGP »