« UEFA EURO2004 グループリーグB クロアチア対イングランド(6/21) | トップページ | UEFA EURO2004 グループリーグD ドイツ対チェコ(6/23) »

2004.06.23

UEFA EURO2004 グループリーグC イタリア対ブルガリア(6/22)

ギマラエス アフォンソ・エンリケス。主審、ワレンチン=イワノフ(ロシア)

勝ち点 イタリア2、ブルガリア0

監督 イタリア   ジョバンニ=トラッパットーニ
   ブルガリア  ブラメン=マルコフ

2-1でイタリア、しかし決勝トーナメント進出ならず。

決勝トーナメントに進むには絶対にイタリアは勝たなければならない。カンナバーロ、ガッツーゾ、トッティは出場停止で、ビエリは膝を痛めたため控えにまわった。

雨が降ってピッチの状態が悪い。イタリアの調子も悪い。パスがつながらず、コンビネーションが悪い。前半終了間際にイタリアのマテラツィがファウルでPKをとられ、マルティナ=ペトロフが決めてブルガリア先制。

後半、ブルガリアはヤンコビッチをボイノフに選手交代。3分にイタリアはゴールポスト上に当たってはね返ったボールをペンロッタが押し込んで同点。8分にはコッラーディを下げて、ヴィエリを投入。この交代でイタリアの動きが良くなりサイド攻撃が出てくる。20分にブルガリアはバジンをコテフに、イタリアは23分には足が不調になったペッテッタをオッドに交代。33分にブルガリアはフリストフをディミトロフに、37分にイタリアはマテラッイィをディバイオに交代させた。ロスタイムにカッサーノが勝ち越しとなる追加点を決めた。彼は喜び勇んでベンチに行った。しかし、すぐにうなだれてピッチに戻らず試合終了。歓喜が一瞬にして悲しみに。同時に行われたデンマーク対スウェーデンが引き分けたため3チーム共に勝ち点5、イタリアは特失点差で決勝トーナメントに出場できないことが伝わった。

勝ち点 イタリア5、ブルガリア0

|

« UEFA EURO2004 グループリーグB クロアチア対イングランド(6/21) | トップページ | UEFA EURO2004 グループリーグD ドイツ対チェコ(6/23) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/822363

この記事へのトラックバック一覧です: UEFA EURO2004 グループリーグC イタリア対ブルガリア(6/22):

» EURO2004 イタリア対ブルガリア [柔らかめでお願いします]
後半から見るつもりで起きてきたら、DVDレコーダー動いてなかった(倒 録画できてなかった…… リ、リピート放送で録るしか。 [続きを読む]

受信: 2004.06.23 11:27

« UEFA EURO2004 グループリーグB クロアチア対イングランド(6/21) | トップページ | UEFA EURO2004 グループリーグD ドイツ対チェコ(6/23) »