« UEFA EURO2004 グループリーグC イタリア対ブルガリア(6/22) | トップページ | UEFA EURO2004 決勝トーナメント »

2004.06.24

UEFA EURO2004 グループリーグD ドイツ対チェコ(6/23)

リスボン ジョゼ・アルバラーデ。主審、テリエ=ハーゲー(ノルウェー)

勝ち点 ドイツ2、チェコ6

監督 ドイツ    ルディ=フェラー
   チェコ    カレル=ブリュックネル

1-2でチェコ、ドイツは決勝トーナメント進出ならず。

ドイツは勝てば自立で決勝トーナメントに進める。チェコはすでに2連勝して進出を決めている。主力を温存して試合に臨む。

前半、ドイツが押し気味に立ち上がるものの、慎重なのか動きは緩慢に感じる。21分にドイツのバラックが豪快に左足でシュートを決めて先取点をあげる。30分にチェコのハインツが同点、振り出しに戻る。

後半、チェコはガラーゼクをヒュブシュマンに、ドイツはフリングスを19歳のボドルスキーに選手交代させる。14分、チェコのロクヴェンツが足を痛めバロシュに交代。24分にララシルをポボルスキーに代えて攻撃を強化する。ドイツは後半中頃から攻めまくり、ゴール前の混戦から何度もゴールを決め損ねる。32分にチェコのバロシュがカウンター攻撃で追加点をあげる。ドイツはハマンをさげ、クローゼを投入してさらに攻撃を厚くした。しかし、効果をあげることなく試合は終了。

勝ち点 ドイツ2 チェコ9

|

« UEFA EURO2004 グループリーグC イタリア対ブルガリア(6/22) | トップページ | UEFA EURO2004 決勝トーナメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/830136

この記事へのトラックバック一覧です: UEFA EURO2004 グループリーグD ドイツ対チェコ(6/23):

« UEFA EURO2004 グループリーグC イタリア対ブルガリア(6/22) | トップページ | UEFA EURO2004 決勝トーナメント »