« 『ターミネーター3』 | トップページ | F1第11戦イギリスGP »

2004.07.11

『the EYE【アイ】』

監督、オキサイド=パン、ダニー=パン(双子の兄弟)。原題『THE EYE(見鬼)』。2002年香港。サスペンスホラー映画。出演、アンジェリカ=リー、ローレンス=チョウ。涙した邦画『仄暗い水の底から』以上に感動深い。泣けた。そして全編を通じて恐い。何度も背筋がゾクゾクした。本格的なホラー映画だ。タイで実際に起きた事件をヒントに描かれたものだとのこと。本当に説得力がある深い物語だ。本作のリメイク権をトム=クルーズが取得しているそうだ。なお、移植と記憶をテーマとした韓国純愛ドラマ『夏の香り』と共通する。(お薦め度★★★★)

|

« 『ターミネーター3』 | トップページ | F1第11戦イギリスGP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/944074

この記事へのトラックバック一覧です: 『the EYE【アイ】』:

» 「the EYE」(2001・香港/タイ) [ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー]
パン・ブラザーズ監督作品、アンジェリカ・リー主演のホラー映画 「the EYE」(原題:見鬼 The Eye)を観ました。 言わずと知れた「the EYE」シリーズ第一弾。 なんとなく敬遠してきたのを観る気になったのは、 「ターンレフト・ターンライト」の脱ぎたがる医者こと エドマンド・チェンが出演しているから。 また、「シルク」「双子」などのホラー映画を観てきて 自分にホラー映画耐性は結構あるんじゃないか、と思ったもので。 が、しかし。 この映画を観るのに使ったVICTORのEX-AK1のウッ... [続きを読む]

受信: 2010.04.24 11:16

« 『ターミネーター3』 | トップページ | F1第11戦イギリスGP »