« 『活きる』 | トップページ | 特集「アジア映画のビジネス最前線」(Invitation9月号) »

2004.08.07

AFCアジアカップ2004決勝 中国対日本(8/7)

北京 工人スタジアム。
主審、アル=ファボリ(クウェート)

中国・アリー=ハーン監督(オランダ出身)。
日本・ジーコ監督(ブラジル出身)。

1-3、日本アジアカップ優勝。2大会連続3度目。

前半21分、左サイドからのFKを中村俊輔がゴール奥に入れ、ヘッドで折り返されたボールを福西がヘッドで決めて先制点をあげる。31分には中国LI MINGが同点とする。

後半11分、中国はHAO HIDONGをLI YIに交代。21分にコーナーキックを中田浩二が体で押し込んで2点目。22分に再び中国はYAN SONGをSUN JIHAI、30分にLI JINYUをXU YUNLONGに交代。ロスタイムに玉田が独りで持ち込んで3点目をあげ勝利を確定させた。

≪感想≫
試合前の国歌斉唱で「君が代」から大ブーイングを受けた。近頃の日本に対してホスト国の中国としては当然の感情だろう。しかし、世界ランク20位である日本の実績と実力からして絶対に同51位の彼らに勝たせるわけにはいかない試合だ。当然のごとくアウェイ戦での苦しみが出た。中国代表への異常なまでの声援で主審が中国に有利な判定を繰り返した。
立ち上がりは日本代表の動きがよく安心して観ていられたが、右サイドを攻めこまれる場面が多く、3バックシステムに最後まで疑問が残った。中国のサイド攻撃に対してボロボロで、危なっかしい場面が多く、三都主はディフェンスとして機能していなかった。なんとかGK川口の好セーブに救われたというところだろう。
先月の欧州ナンバーワンを決めたEURO2004と比較してしまうのだが、試合のレベルが低い。日本代表の試合なので観戦したが、まずい攻めが多かった。誰もいないところに蹴り出す無駄な攻撃はいつもながらがっかりする。日本人だから日本を応援するというナショナリズムによる身びいきでなく、真にハイレベルな魅了してくれる試合をみせて欲しい。

|

« 『活きる』 | トップページ | 特集「アジア映画のビジネス最前線」(Invitation9月号) »

コメント

まだまだ先になりそうですねぇ

投稿: 眼鏡牛 | 2004.08.08 23:52

眼鏡牛さん、こんにちわ。
いつかアジアの王者として、憎々しいぐらいに完封する試合を観せて欲しいです。

投稿: erabu | 2004.08.09 20:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/1147350

この記事へのトラックバック一覧です: AFCアジアカップ2004決勝 中国対日本(8/7):

« 『活きる』 | トップページ | 特集「アジア映画のビジネス最前線」(Invitation9月号) »