« 『続懐かしい日本の言葉 ミニ辞典』 | トップページ | 『「クビ!」論。』 »

2004.11.17

DS対PSP

昨日、JR東京駅の「丸の内中央口」と「丸の内南口」をつなぐ”南北通路の壁”にPSP(プレイステーション・ポータブル)実機3台がポスター形式で展示され、液晶画面に動画を流していました。CG映像がとても美しく表示されるため、思わず見とれました。この画面サイズでも表現力が高いのでゲーム以外の映像も観たくなります。12/12発売を前にしたプロモーションです。ポスター感覚の実機展示が斬新で携帯で写真を撮ろうと近くにいる警備員に確認したところ、撮影禁止とのことでした(ユニークなプロモーションを写真に残せなくて残念です)。
任天堂独占の携帯ゲーム機市場に殴りこみをかけるSCE(ソニー・コンピュータエンタテインメント)が、子供とは違った年齢層を取り込もうとしています。対して迎え撃つニンテンドーDSCMを9月から流しています。DSは12/2の発売でPSPよりも10日早く値段も4800円安くなっています。
任天堂対ソニー、さてどちらが勝つのでしょうか。

|

« 『続懐かしい日本の言葉 ミニ辞典』 | トップページ | 『「クビ!」論。』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/1990255

この記事へのトラックバック一覧です: DS対PSP:

» 「“PSP”実物駅貼り広告」@東京駅 [まわりぶろぐ]
『プレイステーション・ポータブル』の12月12日発売に先駆けて,11月15日よ [続きを読む]

受信: 2004.11.19 08:27

« 『続懐かしい日本の言葉 ミニ辞典』 | トップページ | 『「クビ!」論。』 »