« 『カントリー・ベアーズ』 | トップページ | 『Mr.インクレディブル<日本語吹替版>』 »

2004.11.26

『ジャイアント・ベビー』

ランダル=クレイザー監督。1992年米。原題『Honey, I Blew Up The Kid』。SFコメディ映画。出演、リック=モラニス、マーシャ=ストラスマン、 ロバート=オリヴェリ、エミー=オニール、ダニエル&ジョシュア=シャリカー(双子がアダム役)、 ロイド=ブリッジス。『ミクロキッズ』(1989・米)の続編。以前妻と2人で、今回は家族で観ました。全員にバカ受け。子育てを経験するとこの映画がさらに味わい深くなります。2歳半の幼児は制御不能です。巨大化したら恐ろしいことになること間違いありません(エバァ初号機のように)。そんなユーモラスな悪夢をコメディタッチで仕上げた心温まるファミリー映画です。母の愛の力に共感します。ちなみに、私のもうすぐ3歳になる息子も手がつけられません。(お薦め度★★★)

|

« 『カントリー・ベアーズ』 | トップページ | 『Mr.インクレディブル<日本語吹替版>』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/2083807

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジャイアント・ベビー』:

« 『カントリー・ベアーズ』 | トップページ | 『Mr.インクレディブル<日本語吹替版>』 »