« 平井堅『SENTIMENTALovers』 | トップページ | 第25回TOYOTAカップ  FCポルト(ポルトガル)対オンセ・カルダス(コロンビア) »

2004.12.12

『キリクと魔女<日本語吹替版>』

原作・脚本・監督、ミッシェル=オスロ。1998年フランス。日本語版翻訳・演出、高畑勲。原題『KIRIKOU et la sorciere』。ファンタジー・アニメ映画。声の出演、浅野温子(魔女カラバ)、神木隆之介(キリク)。フランス・アヌシー国際アニメーション映画祭グランプリ、シカゴ国際児童映画祭/長編劇場・ビデオアニメーション部門成人審査員賞・児童審査員賞、モントリオール国際児童映画祭/長編部門審査員特別賞など。スタジオジブリ第1回洋画アニメーション提供作品。

アフリカを舞台にしたアニメーションは全く馴染みが無く、絵が独特で観るのをためらっていました。しかし、観始めたらすぐに物語の中に引き込まれました。なんといってもキリクがかわいい。その賢さと勇気は観る者を感動させずにはおれません。全編に溢れる赦(ゆる)しという普遍的なテーマを描いた独創性の高い素晴らしい作品です。
高畑氏が公式ページで次のコメントを述べています。
「大好きな『トイストーリー2』よりも、見事な『千と千尋の神隠し』よりも、ぼくは感動しました。」
(お薦め度★★★★★)

|

« 平井堅『SENTIMENTALovers』 | トップページ | 第25回TOYOTAカップ  FCポルト(ポルトガル)対オンセ・カルダス(コロンビア) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/2243285

この記事へのトラックバック一覧です: 『キリクと魔女<日本語吹替版>』:

» 映画「キリクと魔女」 [JAZZと映画・本]
市民映画劇場でアニメーション映画「キリクと魔女」を観てきた。 1998年のフラン [続きを読む]

受信: 2010.07.17 00:57

« 平井堅『SENTIMENTALovers』 | トップページ | 第25回TOYOTAカップ  FCポルト(ポルトガル)対オンセ・カルダス(コロンビア) »