« 『小説の終焉』 | トップページ | 『最後の恋,初めての恋』 »

2005.01.15

『ハウルの動く城』

監督・脚本、宮崎駿。音楽、久石譲。2004年日本。ファンタジー・アニメ映画。原作、ダイアナ=ウィン=ジョーンズ『魔法使いハウルと火の悪魔』。声の出演、倍賞千恵子(ソフィー)、木村拓哉(ハウル)、美輪明宏(荒地の魔女)、我修院達矢(カルシファー)、神木隆之介(マルクル)、伊崎充則(小姓)、大泉洋(かかしのカブ)、大塚明夫(国王)、原田大二郎(ヒン)、加藤治子(サリマン)。

やさしく暖かな感動に包まれました。これまでの宮崎アニメの中で一番泣きました。各キャラクターがしっかりと描かれています。人寄せパンダとしてのハウル役・木村拓哉だとなめていましたが、完璧ともいうべき役を演じきっていました。脱帽です。[シネプレックス](お薦め度★★★★)

|

« 『小説の終焉』 | トップページ | 『最後の恋,初めての恋』 »

コメント

いやーよかったですよね「ハウル~」
木村拓也さんの声も!私は、凄く感動しました。
erabuさんの感想を拝読してとってもうれしく
なりました。

投稿: | 2005.01.15 23:41

ごめんなさい。うれしくてつい
コメントの名前忘れちゃいました。

投稿: myu- | 2005.01.15 23:44

myu-さん、コメントありがとうございます。
木村拓哉さんをあらためて表現者としてのプロだと認識しました。
「ハウルに恋をしてしまいました」は非常にわかります。ソフィーとの一番最初の出会いからカッコよかったですよね。いきなり夢心地にしてくれます。
とりあえず、以前のブログにTBさせていただきます。

投稿: erabu | 2005.01.16 11:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/2582602

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハウルの動く城』:

» 義経 2回目 [KIND of BLUE Blog]
昨日の話ですが、ごくせん見てみました。 前のシリーズは見てないし、漫画もちょっと読んだだけなんですが、 けっこう面白かった。生瀬勝久さんが面白い(矢部警部を... [続きを読む]

受信: 2005.01.16 20:30

» 「ハウルの動く城」 [みんなシネマいいのに!]
 「千と千尋の神隠し」以来3年ぶりの宮崎駿監督の新作は90歳の老婆に変えられた少 [続きを読む]

受信: 2010.07.18 00:13

» 『ハウルの動く城』(2004) [【徒然なるままに・・・】]
『風の谷のナウシカ』以降の宮崎駿監督作品は、『となりのトトロ』を除いて全て劇場で見ているのですが、公開初日に足を運んだのは今回が初めてでしょう(もっとも『もののけ姫』の時のように、あまりの大行列に諦めて帰ったというのもありましたが)。といっても期待に胸を膨らませてということではなく、単に巡り合わせの産物です。それぐらい今回の作品には期待しておりませんでした。 にしても、原作を読んだ時も大して面白いとも思いませんでしたが、この映画版の方もさっぱりです。もしかすると宮崎監督作品中、一番つまらない作... [続きを読む]

受信: 2010.07.18 07:49

» ハウルの動く城 [いやいやえん]
ダイアナ・ウィン・ジョーンズさんの作品が好きで、当然原作「魔法使いハウルと火の悪魔」のファンの1人です。原作スキーからすると残念な作品ですが、ハウルの設定を使った二次作品と考えればなかなか良く出来てると思います。緑のネバネバもありましたしね(笑)←これ絶対抜かせないでしょw 「長女は絶対にうまくいかない」や「生命を与えられる魔法」というあたりは有耶無耶にされてましたね。そもそもあの作品を2時間でまとめるのは無理、物語が破綻しちゃいます。 …でこの作品ですが、映画としてはそこまで悪くはないと思い... [続きを読む]

受信: 2010.07.20 08:49

« 『小説の終焉』 | トップページ | 『最後の恋,初めての恋』 »