« 『嗤う伊右衛門』 | トップページ | 蜂蜜かりんとう 黒蜂 »

2005.01.31

『性の用語集』

性の用語集(講談社現代新書 1762)
井上章一&関西性欲研究会編

出版社 講談社
発売日 2004.12
価格  ¥ 903(¥ 860)
ISBN  4061497626

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1

性関係用語にしぼって語彙をまとめた異色の用語集です。性を言葉の面から追求した意欲的で今までに無い新しい取り組みです。言葉の成り立ちや時代とともに進化する過程、使われた背景など、知っているようで知らないことがとても多く勉強になりました。身近な"H(エッチ)"の本もとの意味は何か、なぜ性を表現するときにアルファベットが使われるのかなど日本人の特性とも関連してくる深いテーマは知的好奇心を刺激されます。特に"猫をかぶる"の説明における招き猫のルーツについての考察は驚かされました。

|

« 『嗤う伊右衛門』 | トップページ | 蜂蜜かりんとう 黒蜂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/2762282

この記事へのトラックバック一覧です: 『性の用語集』:

» 「性の用語集」 [月灯りの舞]
「性の用語集」 ?? 井上 章一&関西性欲研究会   講談社現代新書/2004.12.20/860円 性的な言葉の現場に立ち会いながら、 性的な言葉の変遷を跡付けようと試みている。 性をめぐる言葉の意味、使われ方、表記などの 変遷と、言葉とその社会・文化とのかかわりに... [続きを読む]

受信: 2005.07.07 10:23

« 『嗤う伊右衛門』 | トップページ | 蜂蜜かりんとう 黒蜂 »