« 『ゲロッパ!』 | トップページ | 『阿修羅のごとく』 »

2005.01.10

『シカゴ』

監督、ロブ=マーシャル。2002年米。原題『CHICAGO』。ミュージカル映画。出演、レニー=ゼルウィンガー、キャサリン=ゼタ=ジョーンズ、リチャード=ギア。ミュージカルの神様と称される振付・演出家ボブ=フォシャーの名作舞台を映画化。第75回(2002)アカデミー賞作品賞・助演女優賞(キャサリン=ゼダ=ジョーンズ)・美術賞・衣装賞・音響賞・編集賞の6部門受賞。

流石のハリウッド映画でした。脚本と演出、役者の演技などどれをとってもとても良く出来ています。見せ場となる法廷での弁護士役リチャード=ギアのタップダンスは圧巻です。彼がタップを見事に踊れるとは想像もしませんでした。(お薦め度★★★)

|

« 『ゲロッパ!』 | トップページ | 『阿修羅のごとく』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/2523550

この記事へのトラックバック一覧です: 『シカゴ』:

» 「シカゴ」 [元・副会長のCinema Days]
 (原題:CHICAGO )2002年作品。久々にミュージカル映画の醍醐味を堪能した。20年代のシカゴを舞台に、殺人犯であるヒロインがセンセーショナルな法廷戦術に打って出るだけではなく、スターの座をも射止めてしまうという筋書きは確かに御都合主義に過ぎる。しかしミュージカルは物語が単純でいい加減でなければならない。その分、歌と踊りでカバーして無理矢理に観客を納得させるのがミュージカルの王道だ。  事実、昔のMGMミュージカルは、話の内容なんてほとんどないのに、あれだけ楽しかったではないか。逆に、ア... [続きを読む]

受信: 2009.09.08 06:52

» シカゴ [5125年映画の旅]
1920年代のシカゴで、殺人罪で逮捕された二人の女性。人気ダンサーだったヴェルマは、その知名度を裁判でも利用しようと考える。金も知名度も無いダンサー志望のロキシーは、ヴェルマお抱えの敏腕弁護士ビリーを引き込み、薄幸の美女として一躍有名になる。成功を夢見....... [続きを読む]

受信: 2010.01.14 07:20

« 『ゲロッパ!』 | トップページ | 『阿修羅のごとく』 »