« DVD『LOVERS』 | トップページ | amazonは36時間 »

2005.02.03

スピッツ『スーベニア』

スピッツの11枚目のアルバム『スーベニア』(2005/01/12発売)を聞いています。やっぱり草野マサムネの声がいいですね。どこか懐かしく何故かせつない曲調のスピッツ節も健在で「正夢」が聞かせてくれます。全体的に重低音の効いたロックっぽい曲が多く、ボリュームを上げてタテノリしたくなります。逆に音量が少ないとわかりにくく曲が伝わってきません。
このグループのファンになったのは、ミーハーですが大ヒットした「ロビンソン」からでした。この曲を収録している『ハチミツ』(6枚目、1995/09/20発売)はいまでもすぐに聞けるようにしています。2つのアルバムを聞き比べてみたのですが、やはり『スーベニア』は音をあげないと物足りなさを感じました。

|

« DVD『LOVERS』 | トップページ | amazonは36時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/2799401

この記事へのトラックバック一覧です: スピッツ『スーベニア』:

« DVD『LOVERS』 | トップページ | amazonは36時間 »