« 珈琲牛乳プリン | トップページ | 『バレット モンク』 »

2005.02.09

『ごくせん』

日本テレビ系のTVドラマ『ごくせん』が2002年4月に放映された1シーズンの人気を継続して、2シーズン目も25%以上という高視聴率を獲得していることが話題となっているため、初めて2/5(土)放送の第4話を観ました。ヤンクミこと山口久美子(仲間由紀恵)という熱血高校教師が担任となった問題児の生徒たちと交流する学園生活を描いたコメディドラマで、この第4話は誤解を受けて退学になりそうな生徒を守ろうとするストーリーでした。メリハリがついていてわかりやすい展開です。結末も収まるところに収まって視聴者を裏切りません。それなりに面白いドラマだと感じました。しかし、続きを観たい気にはなりませんでした。理由は特別に面白い作品と思えないことと主演女優に興味が無いことです。仲間由紀恵は2000年1月に放映された金城武と中山美穂が共演したフジテレビのドラマ『二千年の恋』で中山美穂の妹役で初めて存在を認識しました。とてもきれいな人という印象でした。ドラマの主役をはれて何でもこなす透明感のある女優というところが何となく常盤貴子に共通しているように感じます。そういえば常盤貴子にも興味がわきません。私にとって興味が湧く『救命病棟24時』の松嶋菜々子との違いはどこにあるのでしょうか。一度深く追求したいテーマです。

|

« 珈琲牛乳プリン | トップページ | 『バレット モンク』 »

コメント

松嶋奈々子にあって仲間由紀恵と常盤貴子にないもの?
岩下志麻にあって高島礼子にないもの?
仲間由紀恵が一番輝いたのは、新人時代の
『神様もう少しだけ』金城武とフカキョンの
不可解な透明感のある役者の中で
共演したときの癖のある役のような気がします。
常盤貴子の「赤い月」も体当たり演技にも
かかわらず何かが足りなかった…連日お邪魔しました。

投稿: myuー | 2005.02.09 10:29

myu-さん、連日のコメント感謝感激雨霰です。
確かに岩下志麻と高島礼子も似た感じありますね。
『神様もう少しだけ』(1998)は深田恭子がHIVに感染している女子高生役で話題となったドラマですよね。これに仲間由紀恵が出演していたのですね。全く見逃していました。このドラマでも金城武と共演していたんですね。
『赤い月』は評判が高いみたいですが、予告で主演が常盤貴子ということで興味を失ってしまいました。

投稿: erabu | 2005.02.09 19:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/2857929

この記事へのトラックバック一覧です: 『ごくせん』:

« 珈琲牛乳プリン | トップページ | 『バレット モンク』 »