« 『ゼブラーマン』 | トップページ | 『悪の対話術』 »

2005.03.14

『アポロ13』

監督、ロン=ハワード。1995年米。原題『Apollo 13』。ヒューマンドラマ映画。出演、トム=ハンクス、ビル=パクストン、ケヴィン=ベーコン、ゲイリー=シニーズ、エド=ハリス。第68回アカデミー賞、編集、録音の2部門を受賞。1970/4/11に打ち上げられたアポロ13号が船体トラブルによって危機に瀕し、クルーの生存が脅かされるものの奇跡的に無事帰還する実話を描いた作品。

実は観終えてホッとしています。何故か緊張感が続かない作品です。過去何度も途中で断念しました。今回も途中で寝てしまいました。この事故についてはリアルタイムに接しており、当時は世界的に注目され逐一ニュースを追いかけていましたので、興味はつきないはずなのにこの有様でした。事故原因や帰還方法が克明に再現されていますが、中途半端にドキュメンタリー的な場面を観せられることが退屈に感じられてしまいました。流石に山場となる大気圏突入からは涙無くしては観ていられないのですが、エンドロールが流れる前には感動が醒めていました。残念ながら映画の世界にうまく入ることができませんでした。(お薦め度★★)

|

« 『ゼブラーマン』 | トップページ | 『悪の対話術』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/3301409

この記事へのトラックバック一覧です: 『アポロ13』:

» アポロ13 [アスカ・スタジオ]
 人類初の月面着陸に成功したアポロ11号が持ち帰った月の石を見るために、延々5時間の行列を耐えたEXPO70を思い出す。 大目的を達した後は流石にマスコミ等の関心も薄れつつあった。そんな時に計画された13号だったが、着陸を前にして思わぬアクシデントが発生する。 ジャック隊員が酸素タンクのスイッチをオンした時に爆発が起こったのだ。酸素の流失は燃料電池容量の低下をもたらして行く。3人が退避した月面着陸船の定員は2名。二酸化炭素処理能力の限界を超過する。 「此処まで来て……」と言う隊員にジム・ラヴェ... [続きを読む]

受信: 2009.11.15 07:03

» 映画「アポロ13」 [陽出る処の書紀]
トム・ハンクス主演。アポロ13号に乗り込んだ宇宙飛行士たちの救出作戦。 [続きを読む]

受信: 2010.01.05 00:09

« 『ゼブラーマン』 | トップページ | 『悪の対話術』 »