« 『キャラクター小説の作り方』 | トップページ | トニーローマ 赤坂店 »

2005.03.24

『清風明月』

監督、キム=イソク。2003年韓国。英題『Sword in the Moon』。時代劇アクション映画。出演、チョ=ジェヒョン、チェ=ミンス、キム=ボギョン。

思いっきりハズレました。何よりも美しいタイトルに惹かれたうえ韓国の時代劇とくれば『MUSA-武士-』を彷彿させます。公式サイトの雰囲気も十分に良く期待が大いに盛り上がりました。導入となる殺陣シーンの重量感とリアル感、スピード感が素晴らしく、接近して撮るカメラワークが抜群の迫力でとても満足なスタートを切りました。武将である主人公が守る高官を次々に刺客が襲って暗殺していくサスペンス仕立ての展開も緊張感がありました。殺戮シーンがリアル過ぎるのが難点ながら、映像美は抜群のものがあります。しかしここまでした。回想シーンで刺客と主人公の関係が明らかにされるのですが、なぜ2人が敵対していくのか説明不足のうえに、主人公の考えが理解できなくて困惑しました。また、中盤の忍者姿の刺客と戦うシーンが韓国アクション映画で御馴染みの劇画調のアクロバチックな軽いものに変わってしまい、折角の全編を貫く重厚な雰囲気を崩してしまいます。最後はまた前半のリアルな殺陣に戻るので、本当に勿体無いつくりになってしまいました。全体の印象としては『MUSA-武士-』と『アウトライブ』の中間といった作品で、主人公の理解できない行動に全くついていけない物語でした。ラストもなんでこうなるのと最後の最後まで突っ込みたくなりました。[シブヤ・シネマ・ソサエティ](お薦め度★)

|

« 『キャラクター小説の作り方』 | トップページ | トニーローマ 赤坂店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/3421813

この記事へのトラックバック一覧です: 『清風明月』:

« 『キャラクター小説の作り方』 | トップページ | トニーローマ 赤坂店 »