« F1第1戦オーストラリアGP | トップページ | 岩波新書のハズレ »

2005.03.07

『福耳』

監督、瀧川治水。2003年日本。コミカル・ファンタジー映画。出演、宮藤官九郎、田中邦衛、司葉子、高野志穂、坂上二郎、谷啓、弓恵子、宝田明、横山通乃、多々良純、千石規子。 脚本で活躍している宮藤官九郎の映画初主演作品です。幽霊との交流に笑わされ泣かされました。老人マンションを舞台とした老人の恋愛がテーマでありながら爽やかな映画に仕上がっています。主人公の成長していく過程も青春映画として満足できました。話の展開に無理が無く、非常に間の良い編集がされていて心に響きます。老人役の俳優陣の演技が光ました。特に宝田明は素晴らしい演技でした。ゲイを演じており、演技力と存在感に感心させられました。(お薦め度★★★)

|

« F1第1戦オーストラリアGP | トップページ | 岩波新書のハズレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/3216851

この記事へのトラックバック一覧です: 『福耳』:

« F1第1戦オーストラリアGP | トップページ | 岩波新書のハズレ »