« 『クリムゾン・リバー』 | トップページ | JAL1464便、松山空港に引き返す »

2005.04.17

『クリムゾン・リバー2/黙示録の天使たち』

監督、オリヴィエ=ダアン。2004年フランス。原題『LES RIVIERES POURPRES 2 - LES ANGES DE L'APOCALYPSE』。サイコ・スリラー映画。出演、ジャン=レノ、ブノワ=マジメル。

新約聖書の黙示録に沿った連続猟奇殺人が発生し、12の使徒が次々に殺されていきます。警察の厳重警戒の中にもかかわらず事件を止められないという珍現象が連続し、犯人に銃弾を何発も当てても現場から逃げきられてしまいます。これほど外される演出ではおちゃらけてしまい、ラストは噴飯ものでした。
列車に乗った男』のジョニー=アンディが少しだけ登場します。彼の役どころに期待したのですが、1場面だけでした。これも期待を大いに外されました。フランス映画は本当に理解しがたいですね。(お薦め度★)

|

« 『クリムゾン・リバー』 | トップページ | JAL1464便、松山空港に引き返す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『クリムゾン・リバー2/黙示録の天使たち』:

« 『クリムゾン・リバー』 | トップページ | JAL1464便、松山空港に引き返す »