« 『犯罪者プロファイリング』 | トップページ | 『ブルース・オールマイティ』 »

2005.04.29

『油断大敵』

監督、成島出。2004年日本。フューマンドラマ映画。出演、役所広司、柄本明、夏川結衣、菅野莉央。

妻に先立たれて幼い娘を育てる泥棒専門刑事(役所広司)が大泥棒(柄本明)を偶然捕まえたことによって、彼との長期にわたる奇妙な交流が続いてゆく物語です。演技派同士のやりとりは味わいがあります。娘役の菅野莉央は『仄暗い水の底から』の黒木瞳の娘役でも登場しており光る子役です。刑事が主人公でありながら娘との二人きりの生活に重点が置かれてしまい、刑事としてベテランになってゆく成長を描いていないため、後半の大泥棒との再開もベテラン刑事と大泥棒との対決とはならず、お互い年をとっただけでなあなあな関係にしかみえません。実話に基づいたようですが、日本人同士の情緒的な部分が強調され過ぎて緊張感が無く、あまりに平凡な日本映画でした。
(お薦め度★★)

|

« 『犯罪者プロファイリング』 | トップページ | 『ブルース・オールマイティ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/3913232

この記事へのトラックバック一覧です: 『油断大敵』:

» 油断大敵 [月影の舞]
「油断大敵」2003年作 キャッチコピーが「泣いて笑って元気になれる」 成島出の劇場用映画監督デビュー作で 実話を文庫化したものの映画化。 実直で腰の低い泥棒専門の刑事役を役所広司。 伝説の大泥棒「ネコ」は榎本明。 ちょっとこの二人のコンビは食傷気味ではある... [続きを読む]

受信: 2005.07.07 10:47

« 『犯罪者プロファイリング』 | トップページ | 『ブルース・オールマイティ』 »