« 『列車に乗った男』 | トップページ | 『クリムゾン・リバー2/黙示録の天使たち』 »

2005.04.17

『クリムゾン・リバー』

監督、マチュー=カソヴィッツ。2000年フランス。原題『LES RIVIERES POURPRES』。サイコ・スリラー映画。出演、ジャン=レノ、ヴァンサン=カッセル。

アルプス山中の連続猟奇殺人事件と無関係と思われるお墓盗掘事件の2つが結びつく意外性が、最後まで謎解きを困難にさせており、非常に良く出来た脚本です。舞台が雪山から街とスケール感があり映像の雰囲気も文句ありません。しかし、どうにもテンポが合わないのです。サスペンスに必要なドキドキ感が足りませんでした。(お薦め度★★)

|

« 『列車に乗った男』 | トップページ | 『クリムゾン・リバー2/黙示録の天使たち』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/3739701

この記事へのトラックバック一覧です: 『クリムゾン・リバー』:

« 『列車に乗った男』 | トップページ | 『クリムゾン・リバー2/黙示録の天使たち』 »