« 『なぜ人を殺してはいけないのか 新しい倫理学のために』 | トップページ | 『クリムゾン・リバー』 »

2005.04.16

『列車に乗った男』

監督、パトリス=ルコント。2002年フランス・ドイツ・イギリス・スイス。原題『L'HOMME DU TRAIN』。ヒューマンドラマ映画。出演、ジャン=ロシュフォール、ジョニー=アンディ。

初老の元教授と中年のアウトローの対照的な運命が交差する究極のダンディズムが展開します。香り立つ大人の映画です。主役の二人はフランスショウビズ界のスターで、お互い良い持ち味があります。特にアウトロー役のジョニー=アンディが魅力的で陰のある渋い男を存分に演じてくれています。フランス映画らしくラストは難解ながら余韻のあるものでした。(お薦め度★★★)

|

« 『なぜ人を殺してはいけないのか 新しい倫理学のために』 | トップページ | 『クリムゾン・リバー』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/3735620

この記事へのトラックバック一覧です: 『列車に乗った男』:

» 映画「列車に乗った男」 [<花>の本と映画の感想]
列車に乗った男 監督 パトリス・ルコント 出演 ジャン・ロシュフォール, ジョニー・アリディ 2002年 列車に乗った男 [DVD]/ジャン・ロシュフォール,ジョニー・アリディ ¥4,935 Amazon.co.jp 愛の奥深さや人生の本質を、一風変わったストーリーで追求する... [続きを読む]

受信: 2010.05.19 21:59

« 『なぜ人を殺してはいけないのか 新しい倫理学のために』 | トップページ | 『クリムゾン・リバー』 »