« 「カンニングの恋愛中毒(#1~9)」 | トップページ | ローソンのスィーツ幕の内 »

2005.06.07

東京ベイNKホールの想い出

1988年にオープンした東京ベイNKホールが来月7月10日で閉館されます。17年間という短い期間でした。舞浜ホテル群の中にあるコンサートホールということでホテルに行った際に近くを何度か散歩しています。コンサートや講演会でも数回利用しました。
コンサートは1回のみで、確か1994年のマイケル=ボルトンの来日コンサートに妻と二人で行きました。学校の体育館のような明るいつくりでステージから客席が間近だったのを記憶しています。このとき良い席がとれ、アリーナ席で前から数列のところから鑑賞することができました。歌が始まっているにもかかわらずさらに前方の良い席が数多く空いており、遅刻する人が目立ちました。明るい会場なのでステージ上でもこの状況はわかったと思います。恥ずかしくみっともないものを感じました。日本に対して悪い印象を持ったのでしょうか、彼の来日はこのときが最初で最後だったのではないかと記憶しています。
コンサート自体は素晴らしいものでした。超有名な外タレは手を抜くことが多いと聞いていたのですが、全くそんな気配は無く真摯なステージを披露してくれました。ハスキーな声を腹の底から押し上げるようにする独特なマイケル節に身も心も夢心地で痺れました。最高でした。このとき初めてアイドルを追っかける人の気持ちがわかりました。素晴らしい歌声をいつもそばで聞いていたいと心底思いました。
この会場でたった一度のコンサートの想い出ですが、強く印象に残っています。その場所が無くなるというは少なからず物悲しさを感じます。

マイケル=ボルトンのCDは『SOUL PROVIDER』『Timeless-THE CLASSICS』を持っています。今宵は東京ベイNKホールを懐かしみながら、あらためてiTunesに収録して聞いています。やっぱり良いですね。特に大ヒットした「How Am I Supposed To Live Witbout You(邦題は短く、ウィズアウト・ユー)」がたまりません。昔からバラードによる失恋の歌が好みです。

|

« 「カンニングの恋愛中毒(#1~9)」 | トップページ | ローソンのスィーツ幕の内 »

コメント

トラックバックありがとうございます。

 マイケル・ボルトンのコンサート行かれたなんてうらやましいです。私は外国の有名アーティストはジュリア・フォーダムだけです。
 
 お子さん小学生のようですね。うちは小学生の男の子二人です。どうぞよろしく。また、遊びに来ます。

投稿: gonmiki | 2005.06.09 00:12

gonmikiさん、コメントありがとうございます。
当時は二人だけだったので、気ままに国内外のミュージシャンのコンサートに行っていました。
現在は、小学生の娘と幼稚園児の息子の二人です。
よろしくです。

投稿: erabu | 2005.06.09 08:57

こんばんは、はじめまして。こちらに書かせていただくのは慣れていませんので、何か失礼な事をした時は遠慮なく教えてください。東京ベイNKホールの閉館の話は、1日にコンサートへ行くためにいろいろ検索していて知りました。室内はU字型のようになっていて、とても明るく、クラシック専用のコンサート会場のような印象もありました。本当に来週までというのはもったいないような気がします。マイケル・ボルトンは私も好きで、NKホールでのコンサートは行きたかったのですが都合がつかず、今でも行けばよかったと後悔しています。
今回、そのコンサートへ行かれた方のお話を伺うことができて、とてもうれしかったです。

投稿: asagi | 2005.07.02 00:34

asagiさん、コメントありがとうございます。
閉館は寂しい限りです。舞浜がTDLだけでないイベント会場があったことが評価できたのですが、もったいないです。
マイケル=ボルトンのコンサートに行くことができて本当に幸運でした。彼はまったく高飛車なところがなく、フランクに熱唱してくれたのが印象に残っています。また、来日してくれることを期待してます。

投稿: erabu | 2005.07.02 06:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/4463753

この記事へのトラックバック一覧です: 東京ベイNKホールの想い出:

« 「カンニングの恋愛中毒(#1~9)」 | トップページ | ローソンのスィーツ幕の内 »