« Bay Sideで夏休み | トップページ | 『スイミング・プール』 »

2005.08.19

『「おたく」の精神史-1980年代論』

「おたく」の精神史
大塚 英志著
講談社 (2004.2)
通常2~3日以内に発送します。

衝撃の内容です。このタイトルから「宮崎勤事件」と「神戸連続児童殺傷事件」が紐解かれるとは予想もしていませんでした。しかもアニメ「エバンゲリオン」を題材に論じています。過去に両事件に関する文章をいくつか読んでいますが、大塚英志氏のこの評論が一番的を得ていると感じます。何故「14歳」が問題となるのかの考察も十分に与えてくれます。子育てをしている方は必ず読むべき本だと思いました。あとがきによると「諸君!」97年10月号から2000年10月号にかけて「ぼくと宮崎勤の'80年代」と題して連載された文章を加筆し再構築されたものとのことです。著者の著作物を読むたびに彼は絶えず心血を注いで評論していると感じます。自らの存在を賭けた命懸けの闘いを行っています。敵も多いのではないでしょうか。本文中に何人もの評論家が登場しその活動を批評しています。

【関連記事】
いまどきの中学校
・『キャラクター小説の作り方』大塚英志著
・『教養としての<まんが・アニメ>』大塚英志著+ササキバラ・ゴウ著
・『物語消滅論-キャラクター化する「私」、イデオロギー化する「物語」』大塚英志著

|

« Bay Sideで夏休み | トップページ | 『スイミング・プール』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/5549734

この記事へのトラックバック一覧です: 『「おたく」の精神史-1980年代論』:

« Bay Sideで夏休み | トップページ | 『スイミング・プール』 »