« 昆虫に感情はあるのか | トップページ | 『茶の味』 »

2005.08.30

『サンダーバード』

監督、ジョナサン=フレイクス。2004年米。SFアニメ実写映画。原題『THUNDERBIRDS』。出演、ブラディ=コーベット(アラン=トレーシー)、ビル=パクストン(ジェフ=トレーシー)、ソフィア=マイルズ(レディ=ペネロープ)、ベン=キングズレー(悪党の親玉)。

往年のテレビ人気シリーズを実写版で作成されました。劇場予告でジェフ=トレーシーが「サンダーバード ア ゴー」というセリフが非常にかっこよく、映画館で観ようとしていた作品です。結局見逃してしまいWOWOWで観ることになりました。監督は『新スタートレック』シリーズでライカー副長としてあまりに有名なジョナサン=フレイクスです。実写版となってもTVシリーズのデザインを上手く吸収した舞台が描かれていて満足しました。しかし、脚本はファミリー向けに徹して作られており、期待したものではありません。まるで『スパイキッズ』を観せられたかのようです。元々がファミリー向けですので致し方ないのですが、サンダーバードの世界観で大人の鑑賞に堪えられるSF作品に仕上げてくれていればどれほど見応えがあったのではないかと思えるので残念で仕方ありません。
(お薦め度★★)

|

« 昆虫に感情はあるのか | トップページ | 『茶の味』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/5701493

この記事へのトラックバック一覧です: 『サンダーバード』:

« 昆虫に感情はあるのか | トップページ | 『茶の味』 »