« ロードレース世界選手権 MotoGP第10戦ドイツGP(7/31) | トップページ | 『ミスティック・リバー』 »

2005.08.04

『丹下左膳 百万両の壺』

監督、津田豊滋。2004年日本。時代劇コメディ映画。出演、豊川悦司、和久井映見、野村宏伸、麻生久美子。山中貞雄監督の傑作時代劇『丹下左膳餘話 百萬兩の壷』(1935)をリメイク。

微妙に面白い作品です。何故このような物言いかというと評価しずらい作風で、オープニングから時代劇としてのツボを外されます。特にチャンバラシーンの撮り方が受け手として期待するものからずれており、なんとなくストレスを感じます。津田豊滋監督は時代劇の造詣が弱いのではないでしょうか。丹下左膳が一般的にどんなキャラクターなのか忘れてしまったのですが、豊川悦司が演じるこの丹下左膳は気の抜けた二枚目半で特に魅力的な主人公ではありません。前半は山場が無く忍耐が要求されます(何回か観るのを止めようと思った)。後半にかけて人情話がメインテーマとなり悪党退治で盛り上がり爽やかなラストが待っています。コメディタッチで描いてきた成果が終盤に結実します。しかしながら、人情話も見せ場のチャンバラもコメディにこだわったがゆえに演出が軽くなり、全体的にメリハリが無く見応えのあるものとはなりませんでした。夫婦漫才のかつみ・さゆりが彼らのネタを使って登場するのが鼻につきました。
(お薦め度★★★)

|

« ロードレース世界選手権 MotoGP第10戦ドイツGP(7/31) | トップページ | 『ミスティック・リバー』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/5299637

この記事へのトラックバック一覧です: 『丹下左膳 百万両の壺』:

» 丹下左膳 百万両の壺 [月影の舞]
「丹下左膳 百万両の壺」    2004.7作品/時代劇 主君に裏切られ、右目と右腕を失った丹下左膳(豊川悦司)は 侍を捨て、命を救ってくれたお藤(和久井映見)の矢場で 用心棒を務めている。 お江戸でござるほどではないけど、ややそんなノリ。 人情ドラマという感じ... [続きを読む]

受信: 2005.09.21 16:32

« ロードレース世界選手権 MotoGP第10戦ドイツGP(7/31) | トップページ | 『ミスティック・リバー』 »