« ロードレース世界選手権 MotoGP第12戦日本GP(9/18) | トップページ | m-flo『BEAT SPACE NINE』(CD) »

2005.09.19

メルセデス・ベンツ、売却

Mercedes-Benz C200(1998年型)を先週売却しました。7年間所有して走行距離はわずか1万1391㎞でした。売却金額は購入時の5分の1で、国産車が5年で査定0になるのと比べて格の違いを実感しました。

今までに所有した車は次の通りです。

1代目 トヨタ カローラ1500SEリミテッド 1988年6月~
2代目 日産  プリメーラ2.0Tm      1991年6月~
3代目 メルセデス・ベンツ C200     1998年12月~2005年9月

多くの車に乗ってきたわけではないのですが、何故ベンツが評価されるかというと他社の良い部分を全て内包しているからだと感じます。トヨタの安定性、日産の走る楽しさの両方を兼ね備えていて、さらにベンツという安心感のブランドで走行中は常に安全に守られている感覚が生じます。本当に良い車だと思います。輸入車として心配していた故障は全くありませんでした。当面車の無い生活になりますが、次に購入するときにも必ずメルセデス・ベンツを検討します。

さて、今回の売却に至った経緯ですが、12月に車検を控えてそれを通すかどうかを考えていました。3回目となる車検は数十万円を覚悟しなければなりません。7年を超えると査定金額が無くなるというのも考慮すべき点でした。

今回の売却の流れは次の通りです。

1)8月にディーラーで買い替えしたときの査定金額の上限を聞く。
2)9月に入り、ガソリンスタンドで洗車および車内清掃を実施。
3)インターネットで車買取サイトを3つ選択して依頼。すぐに電話が入り概算金額を聞いて比較。2社に出張無料査定を依頼。
4)翌日、1社に出張無料査定を実施してもらい、1の査定上限金額で契約。その日のうちに車を引き渡す。(もう1社の出張無料査定をキャンセル。)
5)翌日、必要書類を揃えて車買取会社に送付。
6)車を引き渡してから4日目に入金を確認。完了。

車の売却は初めての経験でした。ともかく無事故で丁寧に扱ってきた車でしたので、ディーラーで聞いた買い替えでの査定金額を譲りませんでした。車買取会社の評価が悪ければ買い替えか継続所有という頭でいました。車買取会社の査定担当は営業でもあるため、査定時が終わった後は価格交渉に移り、相当低めの金額を提示してきました。前日の電話をかけてきたオペレーターに概算金額を聞いていましたので会社として言っていることが違うと切りかえしたらすぐに撤回しました。自身の査定で5段階中4を付けた手前、車の状態が極めて良いことは理解していましたので、結局私の希望金額で契約となりました。交渉中に3回ほど外に出て携帯電話で本社と相談していました。最終決済は取締役に仰いだそうです。査定30分、価格交渉1時間でその後の契約書作成で都合2時間に及びました。
大切にしてきた車ですので、納得できる売却が出来て満足しています。

|

« ロードレース世界選手権 MotoGP第12戦日本GP(9/18) | トップページ | m-flo『BEAT SPACE NINE』(CD) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/6013129

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデス・ベンツ、売却:

« ロードレース世界選手権 MotoGP第12戦日本GP(9/18) | トップページ | m-flo『BEAT SPACE NINE』(CD) »