« iPod nanoの写真機能の素晴らしさについて | トップページ | F1第17戦ブラジルGP »

2005.09.25

『ヘブン・アンド・アース』

監督・脚本、フー=ピン。2003年中国。時代劇アクション映画。原題『天地英雄(WARRIORS OF HEAVEN AND EARTH)』。出演、チアン=ウェン(李隊長)、中井貴一(遣唐使、来栖旅人)、ヴィッキー=チャオ(文珠)、ワン=シュエチー(安)。

紀元700年の唐の時代、長安に向かうシルクロードが舞台で遣唐使が登場する歴史スペクタクル映画だと勘違いして観ましたが、時代劇に名を借りたアクションアドベンチャー映画のようでSF的な要素も加わっています。遣唐使役の中井貴一が主人公とばかりと思っていたのですが、途中から李隊長役のチアン=ウェンに変わってしまいました。そりゃないだろうという意外な成り行きに唖然とします。物語は長安まで仏典と仏舎利(仏陀の骨)を運ぶキャラバンを安の率いる盗賊団が執拗に襲います。キャラバンを護衛する李隊長とその仲間たちが盗賊団と死闘を繰り広げます。中井貴一演じるところの遣唐使は李隊長がキャラバンを長安に連れて行った暁に彼を逮捕する役目で、遣唐使もまた李隊長に加勢して盗賊団と戦うことになります。盗賊団は仏舎利を狙っており、仏舎利にはとてつもない強力なパワーがあるという設定です。このパワーについて説明不足にも関わらず、妙な特撮をするものだから、全ての構成要素を軽いものにしてしまいました。終盤になればなるほどキャラバンが盗賊団から逃げ切れない状況にあることも判明してきます。何のために犠牲を払い続けてきたのか全くわからなくなりました。薄っぺらいストーリーで肩透かしを喰らったとしかいいようがありません。ラストは追い討ちをかけるように意味不明で、脚本がガタガタという印象でした。中井貴一がアクションを含め、良い演技をしていたので非常に残念な作品です。
(お薦め度★)

|

« iPod nanoの写真機能の素晴らしさについて | トップページ | F1第17戦ブラジルGP »

コメント

TBありがとうございます。
本当に、意味不明な映画でしたね。
キャストは好演していたのに(*_*)残念ですね。

投稿: 奈緒子と次郎 | 2005.09.26 08:30

奈緒子と次郎さん、コメントありがとうございます。
キャスティングが優れているのに、本当に残念です。製作過程を知らないのですが、脚本を途中で修正してしまったのではと感じます。結局、監督の技量の問題でした。勿体無いったらありませんね。

投稿: erabu | 2005.09.26 13:05

1ヶ月近くも前になりますが、TBを戴きましたオカピーです。遅くなりましたが、どうも有難うございます。こちらからもTBさせて戴きました。
破綻が多い作品ですが、殺陣はなかなか優秀でしたよ。

投稿: オカピー | 2005.10.23 18:41

>オカピーさん、TB&コメントありがとうございます。
確かに殺陣は迫力があって良かったと思います。中井貴一があれだけアクションをこなせる役者であることがわかったのは収穫でした。

投稿: erabu | 2005.10.23 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/6110927

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヘブン・アンド・アース』:

» ヘブン・アンド・アース [まるっと映画話]
天地英雄 '03年 チアン・ウェン   中国映画に中井貴一が出演ということで話題になりました。 例によって期待大! 各キャラクターが上手に書かれていてチアン・ウェン演じる李隊長がなかなかいい。 ただ、ただオチがCGで訳のわからない終わり方で 李と中井貴一の対決が..... [続きを読む]

受信: 2005.09.26 08:29

» ヘブン・アンド・アース [アスカ・スタジアム]
「天地英雄」という副題が付く。13才の時、遣唐使として中国に渡ってより25年。今は刺客として皇帝に仕える来栖(中井貴一)は望郷の念に駆られていた。彼が、「李(チアン・ウェン)を刺せば帰国を許す」の命を受けたのは、文殊(ヴッキー・チャオ)を長安まで送る途中だった。 トルコ系婦女子を助けたために逆賊となった李は、長安まで教典を運ぶ天竺隊列を護衛中だった。荒涼たる砂漠を背景に、唐、天竺、トルコ系民族が葛藤する一大... [続きを読む]

受信: 2005.09.26 09:45

» 映画評「ヘブン・アンド・アース」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2003年中国映画 監督フー・ピン ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2005.10.23 18:36

» 「ヘブン・アンド・アース」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
中居貴一が遣唐使として中国に渡ってウン十年・・・ 中国語バリバリの刺客役として出演してるって作品らしいけど。 原題は「天地英雄」 英題は「WARRIORS OF HEAVEN AND EARTH」 [続きを読む]

受信: 2010.03.06 03:18

» 「ヘブン・アンド・アース」 [元・副会長のCinema Days]
 (原題:天地英雄)2003年製作。7世紀末の中国西部を舞台に、宝物を運ぶ隊商とそれを狙う突厥族との追撃戦を描くフー・ピン監督作品。驚くほど内容が韓国=中国合作の「MUSA/武士」に似ている。アメリカの西部劇や黒澤明作品の影響を受けているところもそっくりだ。  ただし、出来は「MUSA」ほどではない。だいたい活劇編にもかかわらず話を詰め込みすぎ。元遣唐使で帰国の許しを得るために謀反人を討つ旅に出る剣客(中井貴一)のエピソードがメインになるのかと思ったら、その謀反人(チアン・ウェン)の生い立ちが物語... [続きを読む]

受信: 2010.05.27 06:42

« iPod nanoの写真機能の素晴らしさについて | トップページ | F1第17戦ブラジルGP »