« 日本シリーズ第2戦 ロッテ2勝 | トップページ | iPod nanoの傷つきやすさが訴訟に発展 »

2005.10.24

『オアシス』

監督、イ=チャンドン。2002年韓国。純愛映画。英題『OASIS』。出演、ソル=ギョング、ムン=ソリ。

いままでに観たこともない衝撃的な問題作でした。全くの予備知識なく鑑賞したのですが、出所したての前科3犯の男と脳性マヒの女性との恋愛物語は尋常ではありません。韓国映画はここまでやるのですね。イ=チャンドン監督、恐るべしです。映画としては秀作でしょう。しかし、お薦めはしません。面白いとは言いがたく、観ていていたたまれない気持ちが襲ってきます。自分が善良な一市民であるという甘い自信を根底から覆されてしまいます。奇妙な行動を取る前科3犯の人間は社会から排除されるべきで、脳性マヒで重度の身体障害者は社会的に疎外されてもしかたないという、日頃直視しようとはしない価値観を見事にあぶりださせられました。
主演の2人の演技は凄過ぎます。ソル=ギョングは『シルミド』しか知りませんが、これほど奇妙な雰囲気を演じられるとは驚きました。脳性マヒを演じたムン=ソリも最初は演技と思えないほどでした。この主演コンビの凄まじいほどの演技に釘付けにされました。
(お薦め度★★)

|

« 日本シリーズ第2戦 ロッテ2勝 | トップページ | iPod nanoの傷つきやすさが訴訟に発展 »

コメント

erabuさん こちらへのTBはエラーになってしまいました・・・すみません。

これはもんのすごいインパクトありましたねぇ。
韓国映画の底ヂカラを見せつけられる作品とでも申しましょうか。
確かに人に気軽にお薦めできる作品ではないですね。
以前は韓国映画に嵌ってしばらくあれこれ観ましたが、近頃はほとんど観なくなりました。
それでも韓国俳優の層の厚さはこの作品を観てもわかりますね。
ソル・ギョングもムン・ソリも素晴らしい俳優さんでした。

投稿: なぎさ | 2009.01.16 09:16

>なぎささん、TBではご迷惑をお掛けしています。ちょっとしたタイミングの違いなんですよね。

>韓国映画の底ヂカラを見せつけられる作品とでも申しましょうか。
本当に凄まじい映画でした。ここまで人間性をえぐるのかと驚きました。二度と観たくありません。

>近頃はほとんど観なくなりました。
そうですね。WOWOWで放映されると観ていますが、劇場鑑賞はサッパリしなくなりました。
韓国映画が元気になってくれればと思います。

投稿: erabu | 2009.01.16 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/6538625

この記事へのトラックバック一覧です: 『オアシス』:

» 「オアシス」 [雑板屋]
刑務所を出所したばかりの男と、重度脳性麻痺の女性の物語。 素晴らしい作品だった。役になりきり演じ切っていたソル・ギョングとムン・ソリ。彼らに心を込めて力強く拍手を送りたい。 障害者が、何気なく自然に健常者と何ら変わりなく抱く想像や妄想を、無理なく映像を切....... [続きを読む]

受信: 2005.10.25 05:04

» 「オアシス」 [てんびんthe LIFE]
2002年/韓国 原題/오아시스 ひき逃げで男性を死なせてしまったジョンドゥが、刑期を終えた。家へ帰るも、アパートには違う人が住んでいる。途方にくれ、無銭飲食で警察に連行された彼を、弟が迎えにきた。ある日ジョンドゥは、被害者の家を訪ねるが、息子夫婦は脳性麻痺の妹コンジュを残し、大きな家へ引っ越してしまう。コンジュに興味を持ったジョンドゥは、花束を持って再び彼女を訪ねるが、行き過ぎた行動からコンジュを失神させてしまった。この日から、ジョンドゥとコンジュはデートを重ねるようになる。 前科者の... [続きを読む]

受信: 2009.05.13 23:25

« 日本シリーズ第2戦 ロッテ2勝 | トップページ | iPod nanoの傷つきやすさが訴訟に発展 »