« 『誰にでも秘密がある<韓国公開版>』 | トップページ | TVアニメ『攻殻機動隊 SAC 2nd GIG』(全25話) »

2005.10.07

『チャーリーとチョコレート工場』

監督、ティム=バートン。2005年米。ファンタジー映画。原題『CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY』。出演、ジョニー=デップ(ウィリー=ウォンカ)、フレディ=ハイモア(チャーリー=バケット)、デヴィッド=ケリー(祖父・ジョーじいちゃん)、ヘレナ=ボナム=カーター(バケット夫人)、ノア=テイラー(バケット)、ディープ=ロイ(ウンパ・ルンパ)、クリストファー=リー(ドクター・ウォンカ)。

もー、ダメダメです。人気と評判が良いので観ましたがガッカリしました。ティム=バートン監督とのジョニー=デップのコンビはどの作品も楽しめるのですが、途中で何度も睡魔が襲ってきました。奇妙なチョコレート工場の中を覘きたいという「怖いもの見たさ」で興味が引かれ、チャーリー役の子役がかわいらしく、ジョニー=デップのメイクと表情が異様で、しかもチョコレート工場内部のデザインが確かにキモ怖いヘンテコ具合が微妙に引きつけたのにもかかわらずです。ストーリー展開が抑えられていて退屈でしかたありませんでした。チョコレート工場に入るまでが間延びし過ぎでしょう。前段で飽きてしまいました。工場内に入ってからの展開もどうでもいいという感覚しか沸かず投げやりになってしまいました。ティム=バートン監督にとっての新境地を開拓した挑戦的な演出だったのかもしれませんが、私には全く合いませんでした。
(お薦め度★)

|

« 『誰にでも秘密がある<韓国公開版>』 | トップページ | TVアニメ『攻殻機動隊 SAC 2nd GIG』(全25話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/6296275

この記事へのトラックバック一覧です: 『チャーリーとチョコレート工場』:

» チャーリーとチョコレート工場 [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:チャーリーとチョコレート工場 制作:2005年・アメリカ/イギリス 監督:ティム・バートン 出演:フレディ・ハイモア、ジョニー・デップ、デイビット・ケリー、ヘレナ・ボナム=カーター、ノア・テイラー、ミッシー・パイル、ジェームズ・フォックス、ディープ・ロイ、クリストファー・リー あらすじ:ウィリー・ウォンカ製のお菓子は世界中で大人気。しかしその工場の中は完全非公開。ある日ウォンカは「生産するチョコレートの中に5枚だけ金色のチケットを同封し、それを引き当てた子供は家族を一人同伴で工場... [続きを読む]

受信: 2010.08.31 01:55

« 『誰にでも秘密がある<韓国公開版>』 | トップページ | TVアニメ『攻殻機動隊 SAC 2nd GIG』(全25話) »