« 『宮廷女官 チャングムの誓い』(全54話) | トップページ | 『砂と霧の家』 »

2005.11.08

『ALWAYS 三丁目の夕日』

監督・脚本・VFX(*)、山崎貴。原作、西岸良平(さいがん=りょうへい)マンガ『三丁目の夕日』。2005年日本。人情コメディ映画。出演、堤真一(鈴木則文)、薬師丸ひろ子(鈴木トモエ)、小清水一揮(鈴木一平)、堀北真希(星野六子)、吉岡秀隆(茶川竜之介)、小雪(石崎ヒロミ)、須賀健太(古行淳之介)、高橋征也(三郎)、持丸加賀(雄一郎)、もたいまさこ(大田キン)、三浦友和(宅間史郎)、麻木久仁子(宅間の妻)、重本愛瑠(宅間の娘)、奥貫薫(古行和子)、石丸謙二郎(静夫)、小日向文世(川渕康成)、小木茂光(秘書・佐竹)、益岡徹(劇場・支配人)。
*:VFXとは、Visual Effectsの略。撮影後にCGなどを使った視覚効果をいう。

泣けて泣けて、号泣しました。
泣ける映画が良い映画だなんて、これっぽっちも思ったことはありません。単に泣かす映画はいくらでもあります。しかし、この映画は泣けてかつ良い映画です。
子供が子供らしく日本人が日本人らしかった希望に満ち溢れた昭和33年(1958)の東京を舞台に、貧しくても人間らしいご近所さんとの心温まる物語です。古き良き時代にどっぷりと浸かって癒されました。

個性的で魅力溢れる俳優陣の中で子役の小清水一揮と堀北真希、小雪が素晴らしい演技をしています。
小清水一揮は昔の少年がそうであったであろう雰囲気を十二分に持っていて歳相応のかわいらしい男の子を演じていました。
ホラー作品の女優としてあまりに印象が強い堀北真希が、東北から出稼ぎに来た純朴な女の子を好演しています。こんなにうまい役者だとは思ってもみませんでした。
小雪に関しては手足が長いので当時の女性として見えないだろうと考えていたのですが、違和感は感じませんでした。吉岡秀隆を相手に見事な演技をみせてくれます。

『ジョブナイル』『リターナー』の話題作を手掛けたとして有名ですが、山崎貴監督の作品は初めて観ました。時代考証はほとんど完璧でしょう。どこまでがVFXなのかはわかりませんが、ノスタルジーを感じさせる巧みな映像は絶品でした。

邦画ということもあり、劇場での予告で観たい気にはなりませんでしたが、ブログ「ふくちゃんの懸賞日記」の五つ星の評価から前売券を購入しました。そしてホームページ「秀島史香の日記」を読んで急ぎ観に行きました。インターネットによる口コミだけで今年一番の映画に出会えました。[品川プリンスシネマ]
(お薦め度★★★★★)

|

« 『宮廷女官 チャングムの誓い』(全54話) | トップページ | 『砂と霧の家』 »

コメント

TBありがとうございます。

ホントに良い映画でしたね。
こういう邦画をもっと観てみたいです。

この映画は悪く言う人は殆ど(?)いないようですし、素直な自分に返れる貴重な作品でした。

又遊びに来させて頂いて、次回の映画を観る時の参考にさせて頂きますね。

投稿: mark | 2005.11.08 02:14

TB有難う御座いました!
見に行って無い私が、ここにカキコするのは気が引けるのですが・・・・というより、見に行く勇気が出なくて。
HP覗いただけでポロポロと・・・・
あまりに懐かしく、あまりに切なくて
席に座る前に眼が曇ってスクリーンは見えないでしょうから・・・・

投稿: 所員 K | 2005.11.08 07:22

はじめまして、こんにちは。
TBありがとうございました!

私も号泣しました。
昔なら、当たり前にあった近所付き合いや、人のあたたかさが今こんなに懐かしく感じることがちょっと悲しくなります。
私は薬師丸さんのお母さんがツボで、素敵だと思いました。

投稿: オカン | 2005.11.08 11:39

はじめまして。
トラックバックありがとうございました。
あったかくって、家族に見せたいって思う映画でした。
会う人、会う人にこの映画を薦めています。
日本人っていいですね。

投稿: aichyn | 2005.11.08 13:27

はじめまして!!
TBありがとうございます。

ハンカチ忘れて、大変なことになりました。
もう一度完全武装?で見たい映画です。

投稿: ままぷりん | 2005.11.08 18:39

TBありがとうございました!
うちのブログを見てくださったとのこと、光栄です。久々に自信を持って、おすすめできる邦画に出会ったので、ほんとよかったです。

堀北真希ちゃん、好演してましたね。ホラー作品に出ているとは知りませんでした。

この映画がヒットして認められて、こういう上質な作品がこれからもつくられるといいな、と思います。

投稿: ふくちゃん | 2005.11.08 19:04

TBありがとうございました~!

久しぶりに良い映画でしたね。
子役の『一平君』役の子がちいさい頃の
弟にそっくりでこれまた感情移入してしまい
自分もその映画の中に入りこんでしまったようでした。

もう一度みたいくらいです。

投稿: nattu | 2005.11.08 20:37

TBありがとうございます
当時を知らない人でも懐かしいと感じる事ができる素晴らしい映画でした

投稿: じょん | 2005.11.09 01:25

>markさん、ありがとうございます。
最近は邦画で面白いものが一杯出てきましたね。私も良い邦画をもっと観たいです。
この映画は皆さん評価されています。突っ込み所は結構あるのですが、それ以上にテーマの素晴らしさがあるのだと思います。
今後ともよろしくお願いします。


>所員 Kさん、ありがとうございます。
ご推察通り、号泣する映画です。
嗚咽を抑えるのに本当に苦労しました。
人目が気になるならDVDで自宅で鑑賞をお薦めします。
でも、映画館では皆さん泣いてますから大丈夫ですよ。


>オカンさん、ありがとうございます。
本当に昔は近所付き合いのあたたかさがありましたよね。
現代から50年前があんなに素敵に感じられるのは、今がいかに病んでしまっている証明でもあります。ちょっと悲しいお気持ちよくわかります。


>aichynさん、ありがとうございます。
そうですね。家族に見せたくなる映画ですね。
私も職場で映画に興味のある人に是非と薦めています。
日本人であることの喜びを久しぶりに感じました。


>ままぷりんさん、ありがとうございます。
大変でしたね。
私もハンカチが必要とは思っていませんでした。
頬を伝うぐらいでは周囲が気になってハンカチを使わないのですが、流石に終盤から使いました。終わってみるとグショグショで我ながら驚きました。
忘れた人のために、映画館の中でハンカチを売って欲しい作品ですね。


>ふくちゃんさん、ありがとうございます。
『ドミノ』にコメントをいただいて、ふくちゃんさんの視点には審美眼があると思えましので、この作品の評価は本当に参考になりました。
ふくちゃんさんのブログを見ていなければ、見逃したかもしれません。感謝しています。

堀北真希ちゃん、よかったですね。彼女の出演作は『渋谷怪談』『渋谷怪談2』『予言』のすべてホラーだったので演技がうまいのかどうかわからなかったのですが、この作品でうまい女優だということがわかりました。

邦画は復活したようです。これからも面白い作品が観られると思いますよ。
また、お伺いします。これからもよろしくお願いします。


>nattuさん、ありがとうございます。
同感です。邦画として素晴らしい作品でした。
一平君が本当にかわいくて、子供らしくて共感できました。
何度でも観たい映画ですよね。
必ずDVDは入手したいと思います。


>じょんさん、ありがとうございます。
私も昭和33年は知らないのですが、心の底から懐かしさを感じました。
本当に素敵で、ありがとうを言いたくなる映画です。

投稿: erabu | 2005.11.09 10:44

はじめまして!
TBありがとうございました!

たまたま見に行ったのが大当たり!
久しぶりに映画で感動しました!
人の活力や平和に対する思いが伝わってきます

投稿: TK | 2005.11.09 17:20

>TKさん、コメントありがとうございます。
いろいろなメッセージが込められた映画ですよね。
邦画が復活したようです。楽しみが増えました。


投稿: erabu | 2005.11.10 00:38

土曜日に妻と観て来ました。

良い映画かどうか分かりませんが、兎に角、泣けました。
昭和33年、私は5歳でした。
三輪自動車も覚えています....懐かしい
原作と本編が非常にギャップのあるものが多いですがこれはそれを感じませんでした。

DVDが出たら買います。

では

投稿: 不良中年こうちゃん | 2005.11.14 16:40

家族で観たい作品ですよね。DVDを入手したらみんなで観たいと思います。

ロジカルに良い映画といいにくいかもしれません。私も何がどうして良い映画なのかを考えましたが、早い話、心が温かくなって幸せを感じれたならばそれはもう良い映画であると決めました。

投稿: erabu | 2005.11.14 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/6957272

この記事へのトラックバック一覧です: 『ALWAYS 三丁目の夕日』:

» ALWAYS 三丁目の夕日 [竹里館雑記]
今日の一言:街のイルミネーションはクリスマスが一番派手で豪華ですが、正月と比較して長期間使用される(11月初旬から12月末まで)ので元手は十分取れているんでしょうね。  今日は久々に映画館に足を運びました。以前から予告編を観ては気になっていたので、期待して... [続きを読む]

受信: 2005.11.08 01:09

» ALWAYS 三丁目の夕日 [アンナdiary]
携帯もパソコンもTVもなかったのに、 どうしてあんなに楽しかったのだろう。 人気コミック「三丁目の夕日」 東京タワーが建設中の昭和33年が舞台。 とっても素敵な映画でした。 オープニング、子供達が飛ばした紙飛行機が空を舞い 「ALWAYS 三丁目の夕日」とタイトルバックが出た時点から ヤバイ!って思いました。 触れて欲しくないような、触れて欲しいような ずっと昔に置いてきてしまった何かが心... [続きを読む]

受信: 2005.11.08 01:46

» 映画>ALWAYS 三丁目の夕日 [RAKUGAKI]
暖かな希望。過去には未来があって、人は元気だった。 昔は良かったというのは、今は [続きを読む]

受信: 2005.11.08 06:18

» 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきた [明日になればまた変わる]
先日映画館で観た日本映画「蝉しぐれ」には 涙腺がピクリともしなかった私にも「ALWAYS 三丁目の夕日」は泣けた。 えぇ〜話や。(涙) ハートウォーマーな映画やねぇ〜。 この映画ならお金出す価値アリ。 「蝉しぐれ」は知らん。 みんなの愛と自己チュー愛の違い? (「蝉しぐれ」の場合、脚本もちょっと・・・)   ↑  すべて私感 エンディングに流れる主題歌D-51の「ALWAYS」を聴きながら しばし余韻に浸ってから映画館をあとにしたのだった・・・。 うちにもサン... [続きを読む]

受信: 2005.11.08 09:36

» ALWAYS 三丁目の夕日 [Akira's VOICE]
SW ep3のタトゥイーンに匹敵する夕日に感動! [続きを読む]

受信: 2005.11.08 10:51

» always the same [ままぷりん*MP*のひとりごと]
昨晩の雨が地面にしっかり染み込んで 十分に大気を潤したせいか、今日の夕日は しっとりとしてとても美しかった。 夕日の周りにたなびく雲も、真綿のように ふっくらとして、オレンジやパープルに 色を変える。 じっと見つめていたら、瞳の奥に 鮮明に焼きついたような感じがした。 『Always 三丁目の夕日』を見て、涙が止まらず、昨日からちょっと脱水症状気味の心には、 今日の夕日はとても印象的で、胸の奥にしみわたった感じ... [続きを読む]

受信: 2005.11.08 18:43

» ふくちゃんの映画日記 その17 [ふくちゃんの懸賞日記]
「ALWAYS 三丁目の夕日」 {/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}   試写会鑑賞 {/book/}ストーリー  製作:2005年  出演:吉岡秀隆、小雪、堤真一、薬師丸ひろ子、掘北真希 他 昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文(堤真一)が営む鈴木オートに、集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「�... [続きを読む]

受信: 2005.11.08 18:57

» 懐かしい風景◎ALWAYS 三丁目の夕日 [[混]ミックスランチ]
心地よい涙が頬を伝わります。こんなに温かくなる映画を観たのは 初めてです。充実した幸せな2時間でした。 『ALWAYS 三丁目の夕日』であります。 [続きを読む]

受信: 2005.11.08 20:50

» ALWAYS(当たり前じゃないから夢と未来と希望を持てる) [オールマイティにコメンテート]
「ALWAYS−三丁目の夕日−」を鑑賞して来ました。この映画を見ていると今当たり前な事が当たり前じゃない時代、しかしそれが今忘れられがちな夢と未来と希望を思い出させてくれる作品だったと思う。... [続きを読む]

受信: 2005.11.08 23:54

» ALWAYS  三丁目の夕日 [YOKATAINA SOGAN IWANTO]
昨日、三丁目の夕日を観た。 かなり良かったです。 最近ぜんぜん映画に行けないって愚痴ってたけど、 久しぶりに観た映画が、今年の最高賞受賞よ。 やっぱりねぇ、吉岡秀隆はサイコーだよ。 カレはきちゃない格好をさせたら右に出るものがいないね。 いまの吉岡は茶....... [続きを読む]

受信: 2005.11.10 20:54

» 映画「ALWAYS三丁目の夕日」 [邦画大好き]
監督・脚本:山崎 貴 原作:西岸良平 キャスト:吉岡秀隆・堤 真一・小雪・堀北真希・三浦友和・薬師丸ひろ子・須賀健太・小清水一揮 97点 私の涙腺は決して、ゆるい方ではありません。感動はしても、なかなか涙は出てきません。 それは、主人公が命を落とすような作...... [続きを読む]

受信: 2005.11.10 22:02

» 『 ALWAYS 三丁目の夕日 』 [やっぱり邦画好き…]
映画 『 ALWAYS 三丁目の夕日  』  [ 試写会鑑賞 ] 2005年:日 本  【11月05日ロードショー】 [ 上映劇場 ] 監 督:山崎 貴 VFX:   〃 脚 本:山崎 貴、古沢良太 原 作:西岸良平「三丁目の夕日 」     (小学館 ビックコミ... [続きを読む]

受信: 2005.11.11 21:49

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」と失われた小さな幸せ [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 平日の夜に、ガラガラの映画館で、一人で映画を観るのは実にわびしい。ひどく寒い。観たのは「ALWAYS 三丁目の夕日」という大ヒットマンガをベースにした日本映画。本当は韓国映画の「私の頭の中の消しゴム」を観たかったのだが、きょうは恋愛映画を観る気分でなか....... [続きを読む]

受信: 2005.11.18 12:17

» 三丁目の夕日ぃ〜 [ナイス旦那日記]
「ALWAYS 三丁目の夕日」観てきました。{/kaeru_en3/} この前まで、三丁目の夕日を「ゆうひがおかの総理大臣」と間違ってた俺。夕日しか合ってないじゃん。バカちんでし。 さらに、劇中で、「茶川」竜之介(吉岡秀隆)というキャラが出てくるのだが、初め、文字しか出て来ないもんだから、完全に「芥川」だと読み違え、{/hiyos/}さらに「古行」淳之介が出てきた時には、ほぉ〜、芥川と「吉行」は師弟関係だ�... [続きを読む]

受信: 2005.11.23 02:39

» ALWAYS 三丁目の夕日 [★☆★ Cinema Diary ★☆★]
2005年の最高傑作。この作品に出会えたことを誇りに思い、涙できることに幸せを感じます。 [続きを読む]

受信: 2005.11.23 19:59

» ALWAYS 三丁目の夕日 [toe@cinematiclife]
泣いたわよ。 まさかと、自分でも思ったけど、泣いたわよ。 まぁ、最近、涙腺ゆるゆるだけどね。 でも、きっとまだの人も、見ると泣くかもよ。 <STORY> 戦後間もない東京下町、東京タワーのすぐ近く。 いろんな生活がそこにはあった。 駄菓子屋・茶川商店の茶川竜之介(吉岡秀隆)は、作家を目指して応募をし続けているが、どれも落選してばかり。 茶川商店の向かいの鈴木オートは、社長の鈴木(堤真一)が、青森か... [続きを読む]

受信: 2005.12.02 23:59

» ALWAYS 三丁目の夕日(映画館) [ひるめし。]
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 CAST:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子 他 ■日本産 133分 最近映画館で邦画ばかり観ている今日この頃。 実はこの映画まったく観る予定じゃなかったんですけど、色んなサイトやブログでみなさん褒めちぎっているのでDVD待ちより大画面の映画館で感動しようと思い足を運びました。 予告編で�... [続きを読む]

受信: 2005.12.03 22:31

» ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目 [猫姫じゃ]
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は...... [続きを読む]

受信: 2005.12.10 02:56

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望が恥ずかしくない頃 [soramove]
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...... [続きを読む]

受信: 2005.12.11 20:24

» always 三丁目の夕日 [日々好日]
 小学館 ビックコミック、1975年〜2004年までの49冊、2000年〜2004年53冊と長期に渡って圧倒的な人気を得てきた西岸良平の原作マンガを映像化した映画だそうです。 高校生以降、コミック系の単行本や、雑誌を買って読んだ記憶がありませんが、彼の漫画は、理髪店、各種お医者さん、喫茶店などにたくさん置いてあった為か、何度も目にしていました。それに15年ほど前でしょうか�... [続きを読む]

受信: 2005.12.12 10:30

» 「ALWAYS 三丁目の夕日」 [雑板屋]
氷屋の親父の悲しそうな表情ったら・・・。 冷蔵庫を購入した鈴木家に捨てられた粗大ゴミを眺める氷屋の親父の姿・・・。ああいうの、弱いなぁ〜 ということで・・・。 高評価されている邦画なので、期待が高過ぎたのか物語の始まりは退屈で正直「はずしたか・・」と思....... [続きを読む]

受信: 2005.12.18 01:52

« 『宮廷女官 チャングムの誓い』(全54話) | トップページ | 『砂と霧の家』 »