« 『恋愛適齢期』 | トップページ | Number640「日本シリーズ総力特集 魔法のマリーンズ 圧勝。Baseball Final 2005」 »

2005.11.01

『ソウ』

監督、ジェームズ=ワン。2004年米。サスペンス・ホラー映画。原題『SAW』。出演、ケイリー=エルウィズ(医師・ゴードン)、リー=ワネル(アダム)、モニカ=ポッター(医師の妻・アリソン=ゴードン)、ダニー=グローヴァー(刑事・タップ)。

やられました。低予算ながら抜群の出来です。
出演者の顔なじみが無くて重苦しい展開が続きます。途中から『リーサル・ウェポン』シリーズのダニー=グローヴァーが刑事役で登場してきてほっとひと安心するものの、期待するキャラクターとは全く違っていて、さらにもどかしい状況に直面しました。観客を不安に陥れるつくりは見事です。監督の術中にはめられてしまいました。
続編となる『ソウ2』が全米で先週末に公開されて大ヒットしているソウです。日本でも10/29から公開されました。劇場で観るには怖すぎるので『ソウ』同様にTVで観ます。
(お薦め度★★★)

|

« 『恋愛適齢期』 | トップページ | Number640「日本シリーズ総力特集 魔法のマリーンズ 圧勝。Baseball Final 2005」 »

コメント

「SAW」いいですよねぇ・・・.
色々考えさせられる映画でしたm(_ _)m

投稿: トディ | 2005.11.01 09:18

>トディさん
過去に話題になった低予算ホラーは何本か見ていますが、それほど驚かされたことはありませんでした。
しかし、この『ソウ』は違いますね。メジャー並にエンターテイメント性があり、意外性については驚きの初体験になりました。

投稿: erabu | 2005.11.02 11:08

TBありがとう。
こちらからもさせていただきました。
私もがっちりハメられました。
おもしろかったです。

投稿: ユカリーヌ(月影の舞) | 2005.11.04 14:05

>ユカリーヌさん、TB&コメントありがとうございます。

感情移入もしましたし、想像以上に驚かされました。
珍しいくらいの出来ですね。

投稿: erabu | 2005.11.04 19:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/6800709

この記事へのトラックバック一覧です: 『ソウ』:

» SAW ソウ [ネタバレ映画館]
 “サスペンス映画は旬の内に観るものだ!”という教訓を得ました。  一番前の座席に座って云々というキャッチコピーのため、11日にはDVD発売が決まっているにもかかわらず、どうしても映画館で観たかったのです。しかし、座ったのは前から2番目の席。悲しい小市民の性が表れちゃいました。  公開されてからかなりの時が経つと、満点評価が続出したことや、「衝撃のラスト」などという言葉がいやでも目に入ってく�... [続きを読む]

受信: 2005.11.01 01:31

» SAW ソウ [ざれぶろ]
初めてこの題名を目にした時「SEEの過去形ですね!」としか思わなかった私は、輸入 [続きを読む]

受信: 2005.11.01 02:32

» 「SAW」※改行後ネタバレあり [ゆうなんハイツ]
ジャッキー一色の中、この映画の紹介もどうなのよと言われそうですが、 見損ねた「SAW」をようやく見ることができました! ポイントがたまっていたので、¥1000引きでDVDゲッツ!(←死語?) いや〜最後はすさまじい衝撃でしたね。もう参りました!(^_^;;) あいた口が塞がりません。 「CUBE」「es」両方ともすごかったけど、あれ以上のものが この作品にはありました。何と言うか、ラスト�... [続きを読む]

受信: 2005.11.01 06:59

» 映画鑑賞感想文『ソウ』 [さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー]
さるおです。 『SAW/ソウ』を観たよ。こわい映画ね、というか痛い映画ね、ほとんど脳内拷問。 原案・監督は「観客に、完璧に徹底的にぐったりと疲労困憊して劇場を後にしてもらいたい」というオーストラリアのジェームズ・ワン(James Wan)、27歳、新進気鋭のヴィジュアル・ク..... [続きを読む]

受信: 2005.11.01 07:20

» ソウ - SAW [【axe.com】]
邦題:ソウ 原題:SAW 監督:ジェームズ・ワン 脚本:リー・ワネル 出演:リー... [続きを読む]

受信: 2005.11.01 11:19

» SAW [生きてるだけで儲けもの☆]
老朽化したバスルームで対角線上に倒れていた ふたりの男ゴードンとアダム。その間には自殺死体が。 足を鎖でつながれた男たちに与えられたのは、 テープレコーダー、一発の弾、タバコ2本、 着信用携帯電話、2本のノコギリ。 犯人から告げられたメッセージは ...... [続きを読む]

受信: 2005.11.01 11:26

» SAW ソウ [amapola]
『SAW ソウ』を観て来ました。 もし、この映画に少しでも興味があって、まだ映画館に足を運んでいないのであれば、ネットをウロウロしたりすることはやめて、できるだけまっさらな状態で観にいくべきだと思います。 公式サイトも論外。 もし周囲にいる誰かに、ポロリと...... [続きを読む]

受信: 2005.11.01 15:13

» ソウ ”SAW” [CINEMA IN/OUT]
ジェームズ・ワン監督作品(2004年・米) 脚本: リー・ワネル キャスト: ケアリー・エルウェズ、ダニー・グローヴァー、モニカ・ポッター、リー・ワネル 他 【ソリッド・シチュエーション・スリラー】 薄汚い広いバスルームで目覚めた2人の男、ゴードン医師とアダム。2人は対角線上で向き合うように部屋の隅に足を鎖で繋がれていた。部屋の中央にはピストルで頭を打ち抜いた男の死体が転がっていた。困惑する2人にテープの音声が告げる、(数時間後の)6時までにゴードン医師がアダムを殺さなければ家族... [続きを読む]

受信: 2005.11.01 23:38

» ■SAW(ソウ) [*Hello Nico World]
『SAW』(2004) 久しぶりにおもしろくて、珍しくパンフレットを買ってしま [続きを読む]

受信: 2005.11.02 00:53

» DVD「SAW」視聴 [CHONのアポヤンド的日々]
こりゃあすごい。怖い。エグい。シチュエーションの設定が非常にひき付けられます。 [続きを読む]

受信: 2005.11.02 09:44

» 「SAW」 [憂鬱Gretel ]
あたしの好きな映画ベスト10にはサスペンスの傑作「羊たちの沈黙」が入るんだけど、久しぶりにそれに匹敵するかな?位の映画を観た。こりゃ来たよこの映画。 「SAW」。これは公開当初から映画館では(あたしチキンなので)観られないから、早くDVDになるのを心待...... [続きを読む]

受信: 2005.11.02 21:14

» SAW(ソウ) [future world]
とにかくスゴイ!釘付けだった!眠くなってる暇なんて全然無かった。 タイトルのSAWとはSEEの「観ている」、JIGSAW(ジグソウ)、主軸場面に出てくる「のこぎり」から来てるのか。 ストーリーの流れも無駄がなくウマいし、次の展開や犯人をさりげなく想像させては主軸で....... [続きを読む]

受信: 2005.11.02 21:33

» SAW [気ままなコメント]
SAWを観ました。 久しぶりに面白いと思う映画でした。 [続きを読む]

受信: 2005.11.04 00:18

» 投稿のテスト(BlogPet) [気ままなコメント]
うまく投稿できるかな? *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「カイ... [続きを読む]

受信: 2005.11.04 00:20

» ソウ [月影の舞]
「ソウ」 (原題「Saw」)    2004年/アメリカ/サスペンス 老朽化したバスルームで覚醒する2人の男、 どちらも片足を太い鎖でパイプに繋がれている。 部屋のほぼ中央には、頭部を撃ち抜いた死体。 こんなシチュエーションで始まるサスペンス。 続きが観たくないわけ... [続きを読む]

受信: 2005.11.04 09:08

» saw観てんけど。。。 [アメリカデザイン日記 ver2.0 typeMT]
どもども。お久しぶりの更新でございます。いやぁ〜。最近忙しくってね。。 なかなか... [続きを読む]

受信: 2005.11.08 16:53

» 映画評「ソウ」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2004年アメリカ映画 監督ジェームズ・ワン ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2005.11.17 18:45

» ソウ [アキラの映画評論]
展開が面白い映画。 最後の10分くらいの急展開がすごかったです。 とてもよく練ら... [続きを読む]

受信: 2005.11.30 19:50

» ソウ [I am invincible !]
古いどこか施設の大き目のバスルームのような場所。 それぞれ部屋の隅のパイプに、片足を鎖で繋がれた2人の男。 [続きを読む]

受信: 2009.05.18 23:40

» ソウ/SAW [LOVE Cinemas 調布]
2004年に公開されたサスペンススリラー。低予算ながらも興行収入1億ドルを突破するなど大ヒットした。監督のジェームズ・ワンは長編デビュー作ながらも本作で一躍メジャー監督になり、現在(2010年3月)までにシリーズ6作が制作された人気シリーズだ。とある一室で徐々に追い込まれていく2人の男たち。何故?犯人は?謎が謎を呼ぶ展開に目が釘付けだ。... [続きを読む]

受信: 2010.03.31 00:31

« 『恋愛適齢期』 | トップページ | Number640「日本シリーズ総力特集 魔法のマリーンズ 圧勝。Baseball Final 2005」 »