« 再び『ALWAYS 三丁目の夕日』 | トップページ | 祝!日本一ボビール »

2005.11.30

映画『女校怪談』

監督、パク=キヒョン。1998年韓国。ホラー映画。英題『WHISPERING CORRIDORS』出演、イ=ミヨン、キム=ギュリ、チェ=セヨン、パク=ジニ、ユン=ジヘ。「女校怪談」シリーズ3部作の1作目。

凄惨な事件が発生したにもかかわらず警察がまったく登場せず、女子高校の中だけの閉じた世界で進行するサスペンス・ホラーです。主要人物が5人登場して、それぞれに場面が切り替わるため、ストーリーが非常に散漫で途中で観るのを止めようかと何度も思いました。しかし、シリーズの1作目ということで我慢しました。その甲斐あって、ラストにかけて事実関係が明らかになってからの展開はなるほどと思え、怖さも感じました。相当我慢を強いられる作品です。
コリアン・ホラーでは必ず美人女優が登場するのですが、この作品には出てきません。物語も出演者もちょっとがっかりな作品でした。
(お薦め度★★)

|

« 再び『ALWAYS 三丁目の夕日』 | トップページ | 祝!日本一ボビール »

コメント

ひゃ〜、私はキムギュリがちょ〜可愛いとおもいましたが・・・

投稿: 338 | 2005.12.24 11:15

>338さん、コメントありがとうございます。
たしかに、キム=ギョリはかわいらしい女子高生でしたね。演技も上手い。
しかし、美人女優とは言いずらいかなーと感じてます。
『友引忌』ではハ=ジウォンのほうが美人度はうえでしたし、ドラマ『ポップコーン』でも美しさがウリになっていないようでした。

投稿: erabu | 2005.12.24 11:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/7390676

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『女校怪談』:

« 再び『ALWAYS 三丁目の夕日』 | トップページ | 祝!日本一ボビール »