« ドキュメンタリー番組「歌伝説 ちあきなおみの世界」 | トップページ | 続・「たまごっち」を買いたい »

2005.12.28

『コーリャ 愛のプラハ』

監督、ヤン=スベラーク。1996年チェコ・英・仏。ヒューマンドラマ映画。原題『KOLYA』。出演、ズデニェク=スベラーク(ファンダ=ロウカ)、アンドレイ=ハリモン(コーリャ)、リブシェ=シャフラーンコバー(クララ・声楽家)、オンドジェイ=ベトヒィ(ブロッシュ)、ステラーザ=ザーズボルコバー(ロウカの母)、イレーナ=リバノーバ(ナジェジュダ・コーリャの母)。1996年アカデミー賞外国語映画賞受賞。

また観たくなる感動作です。
チェロ奏者で55歳のチェコスロバキア人と5歳のロシア人の幼児とのふれあいを描いた心温まる作品でした。『ALWAYS 三丁目の夕日』のチェコスロバキア版のような物語です。『ALWAYS 三丁目の夕日』では日本人同士ですが、『コーリャ 愛のプラハ』では異国で、しかもロシア人を嫌っているチェコスロバキア人との交流ですので、両国との歴史においてチェコスロバキアからするとロシアに対する許しがたい感情もありより複雑な背景があります。偽装結婚、亡命、当局の捜査と重いテーマが登場します。これらの題材では得てして政治臭さが前面に出てしまうのですが、そこのところをあくまでも軽く描いて嫌味がありません。
5歳のコーリャのあまりの可愛いらしさに参ってしまいました。決してお涙頂戴の作品ではなく、1988年頃のプラハにおいて社会主義の崩壊という時代背景を盛り込んだ人情劇の秀作です。
(お薦め度★★★★)

|

« ドキュメンタリー番組「歌伝説 ちあきなおみの世界」 | トップページ | 続・「たまごっち」を買いたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/7875964

この記事へのトラックバック一覧です: 『コーリャ 愛のプラハ』:

» (今日の映画) コーリャ愛のプラハ [Kozmic Blues by TM]
コーリャ愛のプラハ (1996/英=仏=チェコ) Kolya [続きを読む]

受信: 2006.01.20 14:51

» コーリャ 愛のプラハ [しーの映画たわごと]
オスカーの外国語映画賞に輝いた作品。評判も良かったので鑑賞。前半ダラダラ意味もない時間が多い。これが欠点。中盤以降は、こんな展開になるとは思わず、それならそうと早くから子供を出せばいいのにと。コーリャ(子供)のかわいさに80点!... [続きを読む]

受信: 2009.07.06 10:35

« ドキュメンタリー番組「歌伝説 ちあきなおみの世界」 | トップページ | 続・「たまごっち」を買いたい »