« 『コールド マウンテン』 | トップページ | お米、通販へシフト »

2005.12.06

『珈琲時光』

監督、ホウ=シャオシェン。2003年日本。ヒューマンドラマ映画。出演、一青窈(陽子)、浅野忠信(肇)、萩原聖人(誠治)、小林稔侍(陽子の父)、余貴美子(陽子の母)。小津安二郎誕辰(誕生日)100年記念作品。「珈琲を味わうときのように、気持ちを落ち着け、心をリセットし、これからのことを見つめるためのひととき」というテーマ。

全くの期待外れです。
『悲情城市』『戯夢人生』のホウ・シャオシェン監督による小津安二郎監督作品『東京物語』へのオマージュとして作られました。『東京物語』を観たことがないため、どの部分において小津の作風を意識したものかわからないのですが、何度かシーンのつなぎが突然飛んでしまって脈絡が無くなり面食らいます。何か意図があるだろうと監督の意思を探ろうとしましたが結局なにが言いたかったのかわかりません。単なる気まぐれのように編集されているとしか感じられないところが無残でした。これは小津監督が使った編集テクニックなのでしょうか。
ヒロインの陽子役に歌手の一青窈を起用したのもいただけません。全くのド素人が演技しているようです。本人はその気なのは画面から感じ取れますが、彼女が1人で登場するシーンは芝居というよりもドキュメンタリーにしか観えません。演技派の俳優を揃えたのですから、主役には演技ができる女優を使うべきでした。まったくの失敗作です。
(お薦め度★)

|

« 『コールド マウンテン』 | トップページ | お米、通販へシフト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/7487022

この記事へのトラックバック一覧です: 『珈琲時光』:

» 珈琲時光 ▲147 [レザボアCATs]
'03年、日本原題:珈琲時光監督:ホウ・シャオシェン脚本:ホウ・シャオシェン、チュー・ティエンウェン一青窃  陽子浅野忠信  肇小林稔侍  父余貴美子  義母萩原聖人  セイジ小津安二郎生誕100周年を記念して作られた作品。特に何が起こる、というわけでもない、日常風...... [続きを読む]

受信: 2009.10.30 15:35

« 『コールド マウンテン』 | トップページ | お米、通販へシフト »