« 『コーリャ 愛のプラハ』 | トップページ | 『キング・コング』 »

2005.12.29

続・「たまごっち」を買いたい

トイザらスで購入できた後で、イーエストイズの抽選販売に当選し、姪のためにさらに1個購入しました。ストラップ(写真向かって右)も合わせて購入しました。また、通信などの機能アップがはかられているため攻略本をamazonで購入しました。
結局、1万円近くの出費になりました。

たまごっち+ 2点: 6079円
ストラップ  2点: 2380円
攻略本    1点:  650円
--------------------------
合計     5点: 9109円

11月下旬から1か月、クリスマスプレゼントに間に合いませんでしたが、年内中に何とか当初の目標を達成しました。ブームになると大変ですね。
「たまごっち+」はまだ店頭では見つかりませんが、ここにきて商品供給がよくなってきたようです。
051229_110301

【参考】(日経トレンディ2005年12月号の特集「05年ヒット商品ベスト30」から引用)
・ヒット商品ベスト19位。
・昨年3月に「かえってきた!たまごっちプラス」が8年ぶりに復活。
・昨年11月に、携帯電話との通信機能を加えた「祝ケータイかいツー!たまごっちプラス」発売。9月までの国内累計販売台数430万個。
・「かえってきた!」と「祝ケータイかいツー」の両方を合わせると国内外の累計販売台数1400万個を超えた。
・96年発売の初代「たまごっち」は約2年半で国内外累計販売台数4000万個。
・初代ほどの勢いがないが、今回はじめてたまごっちを手にした小学生の女の子がブームを支えている。
・初代との大きな違いは、たまごっち同士やケータイと通信できるようになり、遊びの幅が広がった点。相手のたまごっちとゲームやみやげ交換をして、仲良くなると結婚することもある。
・"育成遊び"に加え、友人との"コミュニケーション遊び"が楽しめる。

|

« 『コーリャ 愛のプラハ』 | トップページ | 『キング・コング』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/7889735

この記事へのトラックバック一覧です: 続・「たまごっち」を買いたい:

« 『コーリャ 愛のプラハ』 | トップページ | 『キング・コング』 »