« 『月とキャベツ』 | トップページ | 『SAYURI』 »

2005.12.24

ドキュメンタリー番組「女優イ・ヨンエ チャングムからの出発」

BS2で12/18(日)午後10:00~11:00に放映されたドラマ「宮廷女官 チャングムの誓い」の関連番組で主演女優のイ=ヨンエの歩みをとてもわかりやすく伝えてくれました。また、『親切なクムジャさん』のプロモーションとしても大いに機能している番組です。

イ=ヨンエの経歴(1971年ソウル生まれ)
1990年:19歳、化粧品のCMに「酸素のような女」のキャッチフレーズで登場。人気が出る。
1993年:22歳、ドラマ『お宅の夫はいかがですか』に出演。素人、女優に向いていないと演技を酷評される。
1994年:23歳、ニュース番組「出発ソウルの朝」のキャスターに転進。美貌と知性で好評になるが、女優の仕事をしたいため、1年で降板。
1995年:24歳、中央大学校芸術大学院に入学して、演技の理論を学ぶ。5年かけて卒業。
2000年:29歳、『JSA』で女優の地位を確保。
2003年:32歳、『宮廷女官 チャングムの誓い(大長今)』で国民的スターへ。
2005年:34歳、『親切なクムジャさん』に出演。韓国で300万人動員。

順風満帆で人気が出た女優ではなく、一旦演技で挫折して演技の勉強をして復活を遂げた苦労の人だということがわかりました。女優として認められたのも最近のことで『JSA』だったのは意外でした。ここ5年間で人気を不動のものにしています。この番組を観て一番驚いたのは22歳以前の顔の印象が、今と全く違っていたことです。現在のふっくらとしたやさしい母性を感じさせる顔立ちではなく、若い頃は細面の都会的な美人で少し気難しい印象があります。それにしても十年足らずでこれほど別人のように見えてしまう人は珍しいのではないでしょうか。それだけ人一倍苦しんで自己改革された方なのでしょう。
『親切なクムジャさん』に出演したのは、女優のイメージは大切ながら成長には脱皮が必要とのことだそうです。どこまでも努力の人なのです。
彼女を知るうえで非常に良いドキュメンタリー番組でした。

|

« 『月とキャベツ』 | トップページ | 『SAYURI』 »

コメント

こんにちは。
イ・ヨンエさんの人となりの一端を知る番組でしたね。とても、落ち着いた感じの人だなと思いました。

投稿: stanaka | 2005.12.24 15:13

>stanakaさん、TB&コメントありがとうございます。
韓国俳優を取り上げる番組はいくつかありますが、これほど良質なドキュメンタリーは初めてです。
彼女を理解するうえで、また、チャングムをより深く楽しむために必見の番組ですよね。

投稿: erabu | 2005.12.24 20:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/7805094

この記事へのトラックバック一覧です: ドキュメンタリー番組「女優イ・ヨンエ チャングムからの出発」:

» 女優 イ・ヨンエ チャングムからの出発 [@もろいことない? チャングムにくびったけ!]
チャングムからクムジャさんへ変化するイ・ヨンエのドキュメンタリー↑と、勝手に言い切っていいのだろうか? 韓国の俳優の人たちは固定的なイメージをつくのが嫌がる人が多いようで変化したいとインタビュー... [続きを読む]

受信: 2005.12.24 15:10

» ソウルの純真 女優イ・ヨンエ [dubdub雑記帳]
 12月18日にNHK衛星第2で放送された,チャングムを演じたイ・ヨンエのドキュメンタリー番組「ソウルの純真 女優イ・ヨンエ・チャングムからの出発」。録画していたのを見ましたが,よいドキュメンタリーでした。  イ・ヨンエ主演の今年の映画,「親切なクムジャさん」のPRも兼ねての出演でしょうが,彼女の人柄が出ていましたね。  役は,俳優を固定化してしまうおそれがあるので,俳優は常にイメージの更新を狙うものです。彼女の選択は,オールド・ボーイのパク・チャヌク監督の「映画」に出演するという選択でした。 ... [続きを読む]

受信: 2005.12.25 21:52

« 『月とキャベツ』 | トップページ | 『SAYURI』 »