« 「たまごっち」を買いたい(2) | トップページ | 新書『健全な肉体に狂気は宿る』 »

2005.12.09

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』

監督、アルフォンソ=キュアロン。原作、J=K=ローリング。2004年米。ファンタジー映画。原題『HARRY POTTER AND THE PRISONER OF AZKABAN』。出演、ダニエル=ラドクリフ(ハリー=ポッター)、ルパート=グリント(ロン=ウィーズリー)、エマ=ワトソン(ハーマイオニー=グレンジャー)。「ハリー・ポッター」シリーズ第3弾。

新作『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』が11/26から上映されて好調なスタートを切っています。この時期にやっと前作を鑑賞しました。
『ハリー・ポッターと賢者の石』『ハリー・ポッターと秘密の部屋』のクリス=コロンバス監督から引き継いだアルフォンソ=キュアロン監督が完成度の高い作品に仕上げています。文句無しでした。
全てにおいて中庸で過剰な演出はありません。普通ならば人気シリーズを引き継ぐにあたって、奇をてらったことをしようとするはずなのですがそのようなことは全くありません。物語に裏打ちされたどんでん返しをバランス良くまとめており、安心して楽しめました。ファミリー向けとしては満点でしょう。
(お薦め度★★★★)

|

« 「たまごっち」を買いたい(2) | トップページ | 新書『健全な肉体に狂気は宿る』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/7533208

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』:

» 映画「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」 [陽出る処の書紀]
大人気魔法ファンタジー映画シリーズの第三作め [続きを読む]

受信: 2009.07.18 21:35

» 『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004) [【徒然なるままに・・・】]
元々の原作からして色合いが少々違うとはいえ、監督が替るとこうまで違うものか、と感心した。 音楽のジョン・ウィリアムズは前作からのスライドだけれども、今回はジャズっぽさを押し出して新しい雰囲気作りに貢献。重要なキャラクターも続々と登場して、これは正しく新生「ハリー・ポッター」の誕生だ。 今回のポイントは新登場キャラ。ハリーの両親と因縁浅からぬ関係の人物が3人いる。 先ずはあっと驚く登場の仕方をするピーター・ペディグリューはティモシー・スポール、これは適役だ。『ラスト・サムライ』見た人は彼を覚... [続きを読む]

受信: 2009.07.21 22:07

» ≪ハリー・ポッターとアズカバンの囚人≫ [日々のつぶやき]
監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ゲイリー・オールドマン、アラン・リックマン シリーズ第三弾 「アズカバンを脱獄したシリウス・ブラックが自分の命を狙いホグワーツにやってきていることを知... [続きを読む]

受信: 2009.11.24 16:33

» ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 制作:2004年・アメリカ 監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ゲイリー・オールドマン、ロビー・コルトレーン、マイケル・ガンボン、リチャード・グリフィス、アラン・リックマン、マギー・スミス、トム・フェルトン あらすじ:その名を聞くだけで誰もが震え上がるアズカバン刑務所。そこには史上最強の凶悪犯と言われるシリウス・ブラック(ゲイリー・オールドマン)が収監されていた。ところが彼は脱獄し、し... [続きを読む]

受信: 2010.11.26 16:39

« 「たまごっち」を買いたい(2) | トップページ | 新書『健全な肉体に狂気は宿る』 »