« 『奇談』 | トップページ | 『珈琲時光』 »

2005.12.05

『コールド マウンテン』

監督、アンソニー=メンゲラ。2003年米。ラブ・ストーリー映画。原題『COLD MOUNTAIN』。出演、ニコール=キッドマン(エイダ=モンロー)、ジュード=ロウ(インマン)、レイー=ゼルウィガー(ルビー=シューズ)、ドナルド=サザーランド(モンロー牧師)、ナタリー=ポートマン(セーラ)。

脚本の完成度が高く、感動的なラブ・ストーリーでした。南北戦争を背景に、南軍の兵士として参加したレンマンが負傷し九死に一生を得て脱走兵となり、恋人エイダの待つ故郷に戻るという壮大な展開です。
キャスティングは文句無しです。益々美しさに磨きのかかるニコール=キッドマンに、イケメンのジュード=ロウのコンビはとても華やかです。お気に入りのナタリー=ポートマンも登場しました。
物語としては、再開は約束された展開でありながら、非常に印象深い場面としてつくられ、クライマックスのせつなさは見事でした。低迷するハリウッド映画の中では際立って良質な作品です。
(お薦め度★★★)

|

« 『奇談』 | トップページ | 『珈琲時光』 »

コメント

こんばんは。コメント&TBありがとうございます。
感動の再会の先にまだストーリーがあって、じーんときました。
インマンのストーリーとエイダのストーリーがうまく構成されていて、長い映画ですが飽きずに見ることができました。
主演の二人が美男美女だと絵になりますしね。苦手のJ・ロウでも仕方ないか(笑)というところです。

投稿: nocci | 2010.10.09 18:39

>nocciさん、コメントありがとうございます。

本当に良い映画でした。

>苦手のJ・ロウでも仕方ないか(笑)というところです。

ジュード=ロウ苦手なんですね。

私は、レイー=ゼルウィガーがちょっと興味から外れます。彼女の主演作品はほとんど観ていません。本作のような脇役だと有難いです(笑)

投稿: erabu | 2010.10.10 09:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/7472599

この記事へのトラックバック一覧です: 『コールド マウンテン』:

» コールド・マウンテン [ベルの映画レビューの部屋]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント コールドマウンテン コレクターズ・エディション (2003)       出演 ジュード・ロウ (インマン)     ニコール・キッドマン (エイダ・モンロー)     レニー・ゼルウィガー (ルビー・シュ... [続きを読む]

受信: 2005.12.22 11:04

» 映画「コールドマウンテン」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
最初は日を数えた、次に月になり、・・・そして年で数えた・・・。 3年の戦闘に明け暮れ、3通の手紙を受け取った南軍兵士のインマン(ジュード・ロウ)は、脱走を決意、103通の手紙をだした、お嬢様育ちのエイダ(ニコール・キッドマン)は、逞しく生活力のあるルビー(レニ... [続きを読む]

受信: 2005.12.25 23:45

» コールド・マウンテン [真っ赤なメガネの言うことには]
コールド・マウンテン 原題:COLD MOUNTAIN 2003年 インマンとエイダの愛もさることながら、私が一番気に入ったのは、何といってもルビーです! 彼女は本当に生き生きしてて、それを演じたレニー・ゼルヴィガーがアカデミー助演獲ったのも、納得です。 エイダと...... [続きを読む]

受信: 2006.01.10 22:20

» DVD「コールド・マウンテン」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
南北戦争の中、愛する女性のために脱走兵となり故郷に戻るお話し。 戦争が人の人生を大きく左右していくのですが、どちらかというと脱走してから愛する女に会うための旅路の部分がメインのような感じでした。その旅路にめぐり合う人々との交流や別れなどが戦争の悲しさ...... [続きを読む]

受信: 2006.01.15 06:15

» 感想/コールドマウンテン [EDITOREAL]
A.ミンゲラ監督追悼レビュー2。『コールドマウンテン』DVD鑑賞。ノースカロライナ州コールドマウンテン。インマンとエイダは一目で惹かれあうものの、インマンは南北戦争へと出征し2人は引き裂かれる。3年の時が流れ、重傷を負ったインマンは、エイダと生きて再会することこそがすべてだと悟り、死の危険を冒して故郷への道を歩み始める。一方、エイダもまた父を亡くし生活の危機が訪れながらも、ただただインマンを待ち続けていた。 コールドマウンテン これまた美し過ぎる感動の叙情ロマン! 150分の長さを感じさせな... [続きを読む]

受信: 2008.05.06 09:45

» コールドマウンテン [5125年映画の旅]
アメリカを分かつ南北戦争は、辺境のコールドマウンテンにまでその影を落としていた。神父の娘エイダは、数々の不幸にさいなまれながらも、出兵した想い人インマンの帰りを待ち続けていた。そしてインマンは、収容された病院でエイダの手紙を読み、「帰ってきて」という彼....... [続きを読む]

受信: 2009.03.19 07:33

» 「コールドマウンテン」 [元・副会長のCinema Days]
 (原題:Cold Mountain )2003年作品。南北戦争末期、戦争に引き裂かれながらも、一途な愛を貫いた南軍兵士とその恋人を描く、アンソニー・ミンゲラ監督による大作。  内容は低調だ。今時こんな大時代なメロドラマを何の工夫もなく披露するその神経に呆れる。宣伝には“「風と共に去りぬ」に匹敵するラブ・ストーリー”との謳い文句があったが、南北戦争を舞台にしたという共通点こそあるものの、出来は「風と〜」に比べたら雲泥の差。  逃亡兵である主人公が故郷を目指す旅の途中に巻き込まれるトラブルの数々... [続きを読む]

受信: 2010.08.18 16:01

» 「コールド マウンテン」 [ぐーたら日記]
本日の映画 movie-56 「コールド マウンテン」 Cold Mountai [続きを読む]

受信: 2010.10.09 18:40

« 『奇談』 | トップページ | 『珈琲時光』 »