« 『Mr.&Mrs.スミス』 | トップページ | ファイテン RAKUWAネック【ブラウン・55cm】 »

2005.12.13

『パッション』

監督、メル=ギブソン。2004年アメリカ/イタリア。歴史劇映画。原題『THE PASSION OF THE CHRIST』。出演、ジム=カヴィーゼル(イエス=キリスト)、マヤ=モルゲンステルン(イエスの母・マリア)、モニカ=ベルッチ(マグダラのマリア)、ロザリンダ=チェレンターノ(サタン)、クラウディア=ジェリーニ(クラウディア)、ルカ=リオネッロ(ユダ)、フランチェスコ=デ=ヴィート(ペトロ)、フリスト=ジフコフ(ヨハネ)、マッティア=スブラジア(大祭司カイアファ)、フリスト=ナーモフ=ショポフ(総督ピラト)、セルジオ=ルビーニ(ディスマス)、トニ=ベルトレッリ(アンナス)。

メル=ギブソンが私財を投じて撮り世界的に大ヒットした宗教映画です。『ブレイブハート』でみせた監督としての資質の高さから興味を持って観ました。
イエスの最期の12時間と復活を描いています。
あまりに執拗な残虐シーンが続き、全く御免な作品でした。ストーリー性は無く、面白くありません。新約聖書の知識が乏しいため、裏切り者のユダが罪の意識で自殺することや、イエスが処刑される場面にイエスの母・マリアが立ち会っていたのを知りませんでした。
見所は作品の冒頭からサタンが登場し、そのマントをまとった雰囲気が『スター・ウォーズ』の暗黒卿を連想させたことと、『モンテ・クリスト伯』のジム=カヴィーゼルが、イエス役にピッタリだったことです。
『ブレイブハート』のようなものを期待しましたが、全く違うものでした。
(お薦め度★)

|

« 『Mr.&Mrs.スミス』 | トップページ | ファイテン RAKUWAネック【ブラウン・55cm】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/7593039

この記事へのトラックバック一覧です: 『パッション』:

« 『Mr.&Mrs.スミス』 | トップページ | ファイテン RAKUWAネック【ブラウン・55cm】 »