« ドキュメンタリー番組「女優イ・ヨンエ チャングムからの出発」 | トップページ | 『ゴシカ』 »

2005.12.25

『SAYURI』

監督、ロブ=マーシャル。2005年米。時代劇映画。原題『MEMOIRS OF A GEISHA』。出演、チャン=ツィイー(さゆり)、渡辺謙(会長)、ミシェル=ヨー(豆葉)、役所広司(延)、桃井かおり(置屋の女将)、工藤夕貴(おカボ)、コン=リー(初桃)、大後寿々花(さゆり・子役)。

ラスト・サムライ』の成功と面白かった『シカゴ』の監督作で、既に観た知人の評価が高かったので期待しました。
しかしながら、最後までピンときませんでした。主に次のような4つの問題点があります。

①日本を舞台にした日本人同士の物語なのに英語の会話はありえない。
②トップを競う芸者が日本人女優で無いのは片手落ち。
③芸者の化粧がうまくなく、綺麗に見えない。
④さゆりにとってはハッピーエンドなのだろうが、会長は単なるロリコンでは?。

所詮、ハリウッド映画なのだと言えばそれまでなのです。それ以上でもそれ以下でもない作品でしょう。英語でつくるのも当たり前かもしれませんが、貧しい者同士が話すときは日本語を使っていたり、どうしても昔からの延長によるアメリカ人の視線でしかありません。『ラスト・サムライ』で日本文化の理解が進んだ良い流れの中で作られたわけではないようです。
チャン=ツィイー、コン=リーともに好きな女優です。しかし、この映画の華ともいえる芸者を扱っていながら、ツートップが日本女優でないのは残念でしかたありません。
プロモーションの中で、ロブ=マーシャル監督は遊女と誤解されている芸者の芸術家である真の姿を正しく伝えたいとの主旨で作ったとコメントしていますが、ラストを観る限り成功したとは思えません。[シネプレックス]
(お薦め度★)

|

« ドキュメンタリー番組「女優イ・ヨンエ チャングムからの出発」 | トップページ | 『ゴシカ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/7821993

この記事へのトラックバック一覧です: 『SAYURI』:

» 映画「SAYURI」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Memoirs of a Geisha チャン・ツィイーが日本を舞う、「LOVERS」で魅せた得意の舞を、今度は花街を彩る水揚げ前の芸者として、見事な扇さばきで・・・魅せる。 貧しい漁村に生まれた姉妹が"花街"に離ればなれに売られる。千代(後のさゆり)は姉と共に... [続きを読む]

受信: 2005.12.27 02:00

» 「SAYURI」-さゆり- 映画 [映画って素晴らしいもん]
SAYURI観て来ました。 スティーブン・スピルバーグ監督が温めていたアーサー・ゴールデンベストセラー小説の映画化企画を「シカゴ」のロブ・マーシャル監督が引き継いだ作品ってことで、私はかなり期待してた分少しハズレに思った映画でした。 まぁ良かった〜とい....... [続きを読む]

受信: 2005.12.30 00:31

» SAYURI [シネマ日記]
こないだケーブルテレビで放映されていたので見ました。まね、なんで中国人?とか、なんで英語?とかそういう疑問はさておいて。というか、さておかなければこんな映画見れませんよ。かく言うワタクシも途中まではこれが気になって気になって仕方なかったんですよ。「あ〜ナチスの映画を英語でされるとドイツ人はこんな気持ちになるのかなぁ」なんて思いながら。でも、途中からこれはハリウッドファンタジーなんだっ!と腹をくくって見ることにしました。だって、ほら、日本人だってアメリカ人役をイギリス人が演じてたって、オーストラリア人... [続きを読む]

受信: 2009.02.16 09:17

« ドキュメンタリー番組「女優イ・ヨンエ チャングムからの出発」 | トップページ | 『ゴシカ』 »