« 今シーズンの花粉症対策 | トップページ | ディズニー、ピクサーを買収 »

2006.01.24

『チキン・リトル <日本語吹替版>』

監督、マーク=ディンダル。2005年米。アニメ映画。声の出演、山本圭子、中村雅俊、小島幸子、朝倉栄介、深見梨加、野沢那智、大塚芳忠、石塚運昇、稲葉実。備考、ディーズニーが自社単独で初めて製作したフルCGアニメ。

父と子の絆を描いたファミリー映画です。幼児から小学校低学年向けにはわかりやすく受けるでしょう。ディズニーらしく話をうまくまとめています。ただし、大人が観ると物足りなさを感じるでしょう。どうしてもピクサー作品と比べてしまいます。ストーリーに深みがありませんし、登場する人物像の作りこみが弱く、エピソードも乏しいのでキャラクターとの距離が埋まりませんでした。折角の可愛いデザインによるキャラクターが活かされていない印象です。また、3Dアニメの技術面でもピクサーの立体感に追いついていません。キャラクターが画面いっぱいにアップにされると平板的に見えてしまいました。ピクサーが生み出すキャラクターは鑑賞後にぬいぐるみやフィギアが欲しくなるのですが、この『チキン・リトル』に対しては関連商品を求めたい気持ちが起こりません。
全体を通してこれはというシーンは無いのですが、『キング・コング』のラストシーンやミッキーマウスを文字盤に使った腕時計のパロディが気に入りました。[TOHOシネマズ]
(お薦め度★★★)

|

« 今シーズンの花粉症対策 | トップページ | ディズニー、ピクサーを買収 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/8321451

この記事へのトラックバック一覧です: 『チキン・リトル <日本語吹替版>』:

« 今シーズンの花粉症対策 | トップページ | ディズニー、ピクサーを買収 »