« 雨の福岡 | トップページ | mink(みんく)『mink』(iTMS) »

2006.01.15

一青窈(ひととよう)『&』(CD)

映画『蝉しぐれ』で使われた「かざぐるま」がどうしても欲しくて、2005/12/21発売の3rdアルバム『&』(初回盤DVD付)を購入しました。
いままで彼女に対して良いイメージがありませんでした。暗い曲を裸足で絶唱し、インタビューに対して自信過剰な受け答えをする人物とだけしか感じませんでした。『珈琲時光』で主演を務めましたが、演技力が素人並にもかかわらず、女優を語る強気の姿が鼻につきました。そんな印象でしたから「ハナミズキ」のヒットに対しても興味を感じませんでした。ところが、映画のイメージソングとして使われた「かざぐるま」が大変良いのでこの曲だけは入手したいと思い、『蝉しぐれ』鑑賞後に直ぐにiTMSで購入しようとしました。残念ながら登録されておらずCDまで待ちました。
たんに「かざぐるま」目当てでしたが、全部聞いたところこのアルバムは素晴らしいです。全曲ともに粒揃いです。最初から最後まで曲の構成にドラマ性があります。暗い曲が得意な歌手だとばかり思っていましたが、明るくテンポの速いポップな曲もいけてます。特に2曲目の「ホチKiss」は良いですね。女性のかわいらしさが溢れていて思わず口ずさみたくなります。メロディもさることながら、特に独特の歌詞の世界にはほとばしる才能を感じます。1曲目から驚かされますよ。
彼女を見直しました。

◆曲目リスト(○付数字はお気に入り)
①Banana millefeuille
②ホチKiss
3.うれしいこと。
④かざぐるま(映画『蝉しぐれ』イメージソング)
⑤影踏み
6.指切り
⑦アンモナイト
8.Oh la la
9.ピンクフラミンゴ
10.&
⑪さよならありがと(ミサワホーム「CENTURY」CMソング)

|

« 雨の福岡 | トップページ | mink(みんく)『mink』(iTMS) »

コメント

TBありがとうございます。
一青窈さん本人は「明るい部分」をもっと前面に出したいようです。
個人的には、今回のアルバムのような少々背伸びしたようなポップ感も大好きです。

投稿: 朱 厚照 | 2006.01.24 23:14

>朱 厚照さん、コメントありがとうございます。
レビュー大変参考になりました。
1~5曲目の流れと6曲目以降の流れが違っているのは感じていました。
6曲目「指切り」のアレンジが苦手で、それを乗り越えると解放感があって軽やかさが楽しめます。
この明るい雰囲気はとても心地いいです。

投稿: erabu | 2006.01.25 14:13

TBありがとうございました♪
あたしも1曲目からやられましたぁ。
「&」が気にいったのであれば、是非「月天心(アルバム)」も聴いてみてください◎
もう少し一青さんへの評価も上がるのではないかと思います。。

投稿: ゆほ | 2006.01.28 22:00

>ゆほさん、TB&コメントありがとうございます。
1曲目からイケテマスよね。
彼女は評価しました。
ファーストアルバムも機会があれば、聴いてみます。

投稿: erabu | 2006.01.29 13:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/8179301

この記事へのトラックバック一覧です: 一青窈(ひととよう)『&』(CD):

» 「&」(初回限定版) 一青窃 ★★☆ [TRUE-TIME WEB-LOG]
>「&」(初回限定版) 一青窃 昨今の邦楽界の凋落ぶりにはほとほと落胆させられ、すっかり疎くなってしまった自分ですがその停滞したJ-POPシーンの中おいて数少ない「通して聴いてゆきたい」と思わせてくれるアーティストの一人、一青窃のnew album。妹が買って来たものを無断で拝借(まだ返してないw)シングルカットされた「影踏み」「かざぐるま」「指切り」を含む全11曲。初回特典としてシングル3曲のPV(+α)を収録したDVDが付与。3150円。 懐古的で独特な憂いをまとった声質は相変らず魅力的... [続きを読む]

受信: 2006.01.20 03:55

» (今日の一枚)&/一青窈 [Kozmic Blues by TM]
 一青窈(ファンです)待望のニューアルバム「&」が発売されました!収録曲は次のとおり。 [続きを読む]

受信: 2006.01.24 12:36

» & 一青窈 [極私的映画論+α]
 一青窈の待望の3rdアルバム「&」を買っちゃいました 曲目は以下の通り 1.Banana millefeuille 2.ホチKiss 3.うれしいこと。 4.かざぐるま 5.影踏み 6.指切り 7.アンモナイト 8.Oh la la 9.ピンクフラミンゴ 10.& 11.さよならありがと  「蝉しぐれ」のイメージソング“かざぐるま”や先行シングルの“指切り”を含み、なかなか聞き応えはありますが、なんといってもオープニングを飾る“Banana mil... [続きを読む]

受信: 2006.01.24 22:31

» 一青窈『&』 [かざぐるま]
& (通常盤)アーティスト: 一青窈, 富田素弘, 武部聡志, 山内薫, 小林武史出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント発売日: 2005/12/21メディア: CD 久々の一青さんのアルバム。 1度通して聴いてみて感じたのは物足りなさ。 シングル曲が前半に固まっていることが原因っぽいですが、どこか尻すぼみな感じがしました。 アルバムタイトルにもなっている10曲目の「&」がすごく短いというのも痛い。 ラスト(11曲目)の「さよならありがと」はすごくいい曲なんで、「&」がもうちょ... [続きを読む]

受信: 2006.01.25 09:53

» ◇「&」の感想 [あざーっす!]
「&」ゲッツ!!  えーー、では新曲の感想です。↓ 1.Banana millefeuille →今回の新曲の中で1番好き♪(今のところ) 遊び心満載の詞と歌い方。 細かく言ってったらキリがないくらい、たくさんの工夫が見られてGOOD! 2.アンモナイト →Springに掲載されていた詞からきっとダークな曲調になるだろう、と 予想していたのですがハズレた。。 でもこの爽やかな・・... [続きを読む]

受信: 2006.01.28 22:01

« 雨の福岡 | トップページ | mink(みんく)『mink』(iTMS) »