« WBC準決勝、日本が韓国を破り、決勝へ | トップページ | 映画『スーパーサイズ・ミー』(お薦め度★★★) »

2006.03.20

F1第2戦マレーシアGP

セパン インターナショナル サーキット 56周

決勝(3/19)
優勝[予選1位]ジャンカルロ=フィジケラ(ルノー)
2位 [予選7位]フェルナンド=アロンソ(ルノー)
3位 [予選2位]ジェンソン=バトン(ホンダ)

14位 [予選22位] 佐藤琢磨(スーパーアグリHONDA)

ルノーのワンツーフィニッシュ。
ミハエル=シューマッハ(フェラーリ)は6位。キミ=ライコネン(マクラーレンMercedes)は1周せずにリタイア。
第四世代といわれる20歳のニコ=ロズベルグ(ウィリアムズ・コスワース)は予選3位で期待されたが、エンジンブローでリタイア。佐藤琢磨は遅いながらも何度もバトルをして存在感を示した。井出有治は2戦連続リタイア。あせらず頑張って欲しい。

|

« WBC準決勝、日本が韓国を破り、決勝へ | トップページ | 映画『スーパーサイズ・ミー』(お薦め度★★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/9169204

この記事へのトラックバック一覧です: F1第2戦マレーシアGP:

« WBC準決勝、日本が韓国を破り、決勝へ | トップページ | 映画『スーパーサイズ・ミー』(お薦め度★★★) »