« 映画『パッチギ!』(お薦め度★★★★) | トップページ | 前売り券購入、『デュエリスト』 »

2006.04.19

映画『ボン・ヴォヤージュ』(お薦め度★★★)

監督、ジャン=ポール=ラプノー。2003年フランス。群像映画。出演、イザベル=アジャーニ(ヴィヴィアンヌ・女優)、ジェラール=ドパルデュー(ボーフォール・大臣)、グレゴリ=デランジェール(オジェ・作家)、ヴィルジニー=ルドワイヤン(カミーユ・学生)、イヴァン=アタル(ラウル・ごろつき)、ピーター=コヨーテ(アレックス=ウィンクラー・新聞記者)。フランス語で「よい旅を!」という意味。

フランス映画らしからぬ明快な映画でした。
1940年ドイツ軍の侵攻によりパリが陥落、人々がパリからボルドーへ疎開に向かう過程を描いた群像劇です。戦時下で重いテーマと思いきや予想外に軽いコメディタッチの作品です。人間関係が複雑多岐に渡っているにもかかわらず、登場人物がドミノのように次々に連鎖して話が進みます。宣伝ではイザベル=アジャーニを目立たせていて、彼女が物語の中心であることは間違いないのですが、期待通りの主役ではない奇妙なおかしさがありました。一方で戦時中というドイツ側の諜報という仕掛けがあって、コメディらしからぬ悲しい展開も用意しています。どうにもとらえどころがありませんが、良い意味で観客の読みを裏切る作品です。タイトルの付け方が絶品ですね。

|

« 映画『パッチギ!』(お薦め度★★★★) | トップページ | 前売り券購入、『デュエリスト』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/9674307

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ボン・ヴォヤージュ』(お薦め度★★★):

» 「ボン・ヴォヤージュ」 [ひらりん的映画ブログ]
年齢不詳のフランス女優、イザベル・アジャーニ主演。 2003年製作のロマンティック・コメディ・サスペンス、115分もの。 [続きを読む]

受信: 2006.04.24 02:46

» Bon Voyage [communication 101]
1940年、ドイツ軍が間近に迫ったフランス・ボルドーが舞台。危機対応で右往左往する大臣、原子爆弾の開発するユダヤ系の教授と何としても教授をイギリスに亡命させようとする助手、記者扮するドイツ軍スパイと、男を翻弄する女優ヴィヴィアンヌ(Isabelle Adjani)、女優にぞっこんの作家志望のフレデリックを中心に展開されるドタバタ喜劇。 ドイツ軍占領が迫り、さらに原爆に関係する重水をドイツ軍に渡さないよう国外を脱出しようとする教授となれば、かなり深刻な設定。それでありながら、自己中心的な女優に振... [続きを読む]

受信: 2006.05.04 00:12

» イザベル・アジャーニ...「アドルフ」「ヴォン・ヴォヤージュ」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「アドルフ/イザベル・アジャーニの惑い」 「Adolphe de Benjamin Constant 」2002 フランス 第11回横浜国際映画祭クロージング作品。 原作は18世紀スイス生まれの小説家バンジャマン・コンスタンスの自伝的小説「アドルフ」。この小説の映画化である。主演のイザベル・アジャーニ(王妃マルゴ/1994)は、この映画を作りたく熱望したという。ヒロイン、エレオノールは設定では30代で、イザベルは40代であるが違和感なし。20才を過ぎた息子がいるイザベルのクール・ビューティと若... [続きを読む]

受信: 2006.05.04 00:53

» ボン・ヴォヤージュ [Yuhiの読書日記+α]
女優と作家、大臣の三角関係を軸に、戦時下を生きる人々を描いた群像ドラマ。監督はジャン=ポール・ラプノー、キャストはイザベル・アジャーニ、ジェラール・ドパルデュー、ヴィルジニー・ルドワイヤン、イヴァン・アタル他。 <あらすじ> 1940年、パリ。美しい映画女優ヴィヴィアンヌは、ある大雨の夜、しつこくつきまとっていた男を誤って殺してしまう。彼女は、小説家を目指す幼なじみのオジェに助けを求めたが、運悪く警察に捕まってしまうオジェ。殺人の罪を被り、収監されたオジェだったが、数ヶ月後の6月14日、ナチスドイ... [続きを読む]

受信: 2009.05.30 12:32

« 映画『パッチギ!』(お薦め度★★★★) | トップページ | 前売り券購入、『デュエリスト』 »