« 映画『春夏秋冬そして春』(お薦め度★) | トップページ | USBケーブルWINを購入 »

2006.04.25

映画『デュエリスト』(お薦め度★)

監督、イ=ミョンセ。原作、パン=ハッキ『茶母』。2005年韓国。時代劇。出演、ハ=ジウォン(ナムスン)、カン=ドンウォン(刺客・"悲しい目")、アン=ソンギ(アン刑事)、ソン=ヨンチャン(ソン長官)。

どっか~ん!撃沈です。こりゃないでしょ。
全編プロモーションビデオのようなものを繋いだだけで、ストーリーはさっぱりで、話が伝わってきません。監督だけが楽しんだだけの映画です。人気も実力もある役者を揃えてこんな駄作は信じられません。事前の情報で韓国でヒットしていないことや、日本での口コミ評価が悪いことがわかっていたので覚悟していたにもかかわらず、どうしようもない結果でした。
中身が無くともせめてビジョアルだけでもとかすかな望みがあったのですが、ハ=ジウォンの完璧ともいえるオヤジキャラが美人度・可憐度をマイナスにしています。全く期待したキャラクターではありません。美女が台無しです。まあ、それだけ彼女に演技力があることの証明ではあるのですが、トホホ(泣)。
TVドラマ「チェオクの剣」の原作でもある人気コミック『茶母』をベースに映画化したものですが、同じ★1つの評価でもTVドラマのほうが数段うえに感じられます。肝心のアクションは、綺麗でスマートなダンスのようにしか見えません。
[丸の内プラゼール←予告が30分もあり多過ぎだ(怒)]

【関連記事】
2006/ 4/20 前売り券購入、『デュエリスト』

|

« 映画『春夏秋冬そして春』(お薦め度★) | トップページ | USBケーブルWINを購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/9764960

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『デュエリスト』(お薦め度★):

» 『デュエリスト』 2006・4・23に観ました [映画と秋葉原とネット小遣いと日記]
←鑑賞記念(無料)で貰ったA4判クリアホルダー 『デュエリスト』   公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 朝鮮王朝時代。国家を揺るがす大規模な偽金事件の極秘捜査に身を投じた武術にも長けた若い女刑事ナムスン(ハ・ジウォン)。市場での潜入捜査中に悲しい目... [続きを読む]

受信: 2006.05.02 08:43

» 「デュエリスト」意外によかった [よしなしごと]
 見ようか見まいか迷っていたのですが、迷うくらいなら行ってしまえ!とデュエリストを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2006.05.03 19:02

» 「デュエリスト」カン・ドンウォンのプロモ映画 [soramove]
昨年9月にソウルで見た映画。 カン・ドンウォンを前面に出した映画だが、興行は厳しかった。 初登場2位で首位は取れなかった。 このときは「家門の危機:家門の栄光」というコメディが圧倒的人気だった。 さて、日本ではどうかな。 2005年9月15日のものを再掲載 ...... [続きを読む]

受信: 2006.05.04 20:39

» 映像と音楽だけを追っかけろ!カン・ドンウォン主演「デュエリスト」 [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
韓国の若手人気NO1俳優 カン・ドンウォン主演の「デュエリスト」を 観てきました。 最近の日本で公開された韓国映画の中では 少し興業成績が悪い作品なんですが・・・ あまり期待せずに見たのですが 「あらららら」 B級・マイナー好きには面白いです。 話の筋を追っていくと わかりずらいのですが、 まあ。映像、そして全編を通して 流れる音楽の迫力 制作費を充分にうまく使った撮影。 意外と超大作になってました。 幻想�... [続きを読む]

受信: 2006.05.06 00:06

« 映画『春夏秋冬そして春』(お薦め度★) | トップページ | USBケーブルWINを購入 »