« 東京ドーム観戦、巨人対阪神 | トップページ | 映画『デュエリスト』(お薦め度★) »

2006.04.24

映画『春夏秋冬そして春』(お薦め度★)

監督・脚本、キム=ギドク。2003年韓国・ドイツ。出演、オ=ヨンス(老僧)、キム=ジョンホ(子供)、ソ=ジェギョン(少年)、キム=ヨンミン(青年)、ハ=ヨジン(少女)。

何とも人を食った映画でした。
観ないほうがよかったですね。湖に浮かんだ仏教寺の日常風景をを描いていますが、韓国人との仏教感に大きくな隔たりを感じました。ファンタジーかホラーでつくられていれば許せるのですが、文芸作品のようですのでてにおえません。春と夏はなんとかついていけるものの、秋と冬のエピソードは馬鹿げていて奇妙としか言いようがありません。春のエピソードで殺生をいさめた和尚がその後の行動で逆のことをしています。宗教家としてありえません。論理矛盾です。また、春をこの寺で過ごした子供があんな大人になるなんて考えられません。この監督の資質を疑います。普遍性のかけらもありません。

|

« 東京ドーム観戦、巨人対阪神 | トップページ | 映画『デュエリスト』(お薦め度★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/9754132

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『春夏秋冬そして春』(お薦め度★):

» ●韓国映画の真打ち発見!恐るべきはギドク宇宙! [輝ける映画のときめき]
色づかいの透明度といい、男の半生に視野を注ぐ老僧のそのまなざしといい、みづうみと思しき中に隔てられた正門と僧房の位置関係にも似た人生観照の距離を持って、繰り広げられる事件の相克といい、湖面にたたえられる深ぶかとした真実、その静謐な完成度には魅了されざるを得ない。 ... [続きを読む]

受信: 2007.04.05 11:47

« 東京ドーム観戦、巨人対阪神 | トップページ | 映画『デュエリスト』(お薦め度★) »