« エロメールに屈した日 | トップページ | ワイン、ありがとうございます »

2006.05.10

映画『隣人13号』(お薦め度★★★)

監督、井上靖雄。2004年日本。サイコ・サスペンス・ホラー映画。英題『THE NEIGHBOR No.THIRTEEN』。出演、 中村獅童(13号)、小栗旬(村崎十三)、新井浩文(赤井トール)、吉村由美(赤井のぞみ)、石井智也(関肇、同僚)、松本実(死神、赤井の手下)、劇団ひとり、村田充、三池崇史(金田、村崎の隣の住人)。

なかなか面白いホラーでした。
しかし、惜しい。ラストが消化不良です。最後をどうするか製作側も悩んだと思うのですが、暴力の応酬が行き着く先をどう表現するのか興味がありました。残念ながら答えを示してくれていません。赤井トールというワルへの報復をもっと見せて欲しかったという思いが残りました。
映像表現、世界観、演出の全てが独特のものをもっており、井上靖雄監督はかなり期待できる人材です。村崎十三という1人の人物を小栗旬と中村獅童の2人で同期、非同期で演じさせる手法が絶妙でした。中村獅童はホラーもいけますね。本当にオールマイティな役者です。赤井トール役の新井浩文も見事な不良の演技でした。PUFFYの吉村由美も女優としてやっていけるだけの実力があります。

|

« エロメールに屈した日 | トップページ | ワイン、ありがとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/10010164

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『隣人13号』(お薦め度★★★):

« エロメールに屈した日 | トップページ | ワイン、ありがとうございます »