« 新書『今日はこの米!』 | トップページ | 折りたたみ傘、クニルプスX1 »

2006.05.23

ドラマ「夏の香り」、再び

2年ぶりに「夏の香り」を再鑑賞しました。先週末土日に残り9話を一気観です。ムシムシした季節を快適に過ごすために、毎日時間を区切って長期間に渡って楽しもうと考えていたのですが、やっぱり堪え性がありませんでした>ocyaraさん。

死ぬかもしれないという自己犠牲を伴う究極の"思いやり"、切な過ぎます。感動せずにおれないドラマでした。何と言ってもソン=イェジンの多彩な表情と表現力は類を見ない当代きっての女優です。相手役のソン=スンホンとのコンビが絶妙でした。彼が一番カッコ良く感じられるドラマですね。

最初に観た後で、多くの方々の感想を読みました。その中で正当な批評に出会って、本質的な物語の弱点も十分把握しています。そのうえで、私にとって最高の韓国ドラマだと思います。ストーリー、脚本、映像、出演者どれをとっても素晴らしい。どんどん物語の世界に入っていけます。長時間観ても飽きることなく、ラストまで誘ってくれる稀有の作品です。現在、韓国ドラマ「ゴースト」「僕は彼女が好き」「マジック」をGyaOで観ていますが、どれもストーリーテリングが弱く数十分ごとに再生を止めているのとは大違いです。
前回に一話あたり最低でも4回は観ていましたので、改めての発見はありませんでした。大好きな作品だと記憶力も違うようです。次回の鑑賞は5年以上期間を開ける必要がありそうです。ちょっと残念かも。

【関連記事】
2004/ 5/ 1 韓国TVドラマ『夏の香り』
2004/ 6/ 6 オリジナルサウンドトラック『夏の香り』
2004/ 6/26 韓国ドラマ『夏の香り』全18話の感想
2004/ 8/11 『韓国ドラマ公式ガイド・夏の香り』
2005/ 6/15 女優ソン=イェジン(孫芸珍)

|

« 新書『今日はこの米!』 | トップページ | 折りたたみ傘、クニルプスX1 »

コメント

erabu様
TBありがとうございます! あ、本文にも私の名前が・・・。
見始めちゃったら止められません!ですよね。いったん鑑賞を区切れるとしたら、9話と10話の間、島から帰ってヘウォンがチョンアにパチンとぶたれて終わるところでしょうか。ここまできたらようやく休憩できます。(笑)
でも10話からはまた最後まで一気にいってしまいますよね、わかります。
私、最近思うんですけど、どうも男性のほうが後半のヘウォンの気持ちを理解するみたいな気がします。後半は苦手だと言う女性陣は多いようです。でも、ミヌがヘウォンにいったん別れを言う辺りからラストまでは、本当に考えさせられるものがあって、私は大好きです。最終回、プロポーズの部屋でのヘウォンのせりふは何度見ても泣いてしまいますし。私だったらとても言えないって・・・ずっとそばにいてほしいと言っちゃうだろうなって。
あ、つい書いてしまいますね、すみません。
私にとっても最高の韓国ドラマです。

投稿: ocyara | 2006.05.24 04:33

ocyara様
早速のコメントありがとうございます。うれしいです♪

>いったん鑑賞を区切れるとしたら、9話と10話の間、島から帰ってヘウォンがチョンアにパチンとぶたれて終わるところでしょうか。ここまできたらようやく休憩できます。(笑)

思わず『韓国ドラマ公式ガイド・夏の香り』を久しぶりに開きました。お恥ずかしいのですが、何故9話で区切っていたか意識していませんでした。当たりです。流石、ご存知ですね。

>私、最近思うんですけど、どうも男性のほうが後半のヘウォンの気持ちを理解するみたいな気がします。

その通りです。別れを覚悟したときの女性はヘウォンのような開き直った強さを持っています。男はこのときの彼女の断固とした姿勢に圧倒されることが多々あります。私も過去に経験しました(泣)。
ウネの心臓を持つ限り成就できないという結論のもとに、ストーリーが展開しなければならないので男性のほうがこの部分を理解しやすいのだと思います。
女性からすると、過去の経緯やしがらみを無視してもミヌと結ばれたほうがと考えるのは自然なので、苦手に感じられるのかもしれません。手の届くところに彼のような良い男いれば当然ですよね。

>あ、つい書いてしまいますね、すみません。

いえいえ、ocyaraさんとは1話ずつ徹底してシーンを分析したいですね。

>私にとっても最高の韓国ドラマです。

ありがとうございます。実は人前の文章なので「最高の韓国ドラマ」と大人らしくしましたが、本当は「魂に刻まれた韓国ドラマ」と書こうとしていました。例えば同じ★5つの「宮廷女官 チャングムの誓い」ですが、観ていて当時はすごくハマッテいましたが、時間が過ぎると単なる最高のドラマでしかないことに気付きました。感じる心の深さが違うのだと思います。

これからも「夏の香り」を大切にしますので、よろしくお願いします。

投稿: erabu | 2006.05.24 22:56

erabuさん、こんばんは♪

思わず目尻を下げてレビューを拝読させていただきました。いつもクールな印象のerabuさんの頬ゆるませるソン様達の『夏の香り』を思い出しています。私は『秋の童話』のスンホニーに一撃され、わざわざWOWOWを契約してまで『夏の香り』をたのしみました。2年前の夏のことです。

投稿: yuzuki | 2006.05.25 01:38

yuzukiさん、コメントありがとうございます♪

そうそう、yuzukiさんは「秋の童話」でしたよね。同じくWOWOWで鑑賞されたのですね。
私にとって「夏の香り」は、全身に染み込んでいると言ってもいいぐらいです。パブロフの犬状態!!(笑)。あ~ぁ、またヨダレが。←すいません、失礼しました。

投稿: erabu | 2006.05.26 07:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/10209864

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「夏の香り」、再び:

« 新書『今日はこの米!』 | トップページ | 折りたたみ傘、クニルプスX1 »