« 食パン、第9号作品「カルピスパン」 | トップページ | 新書『今日はこの米!』 »

2006.05.21

映画『エンジェル・スノー』(お薦め度★★)

ハン=ジスン監督。2001年韓国。ヒューマンドラマ映画。原題『一日』。出演、コ=ソヨン(ジヌォン・妻)、イ=ソンジェ(ソギュン・夫)、ユン=ソジェン(妻の叔母)、キム=チャンワン(産婦人科医)。

期待外れでした。
子供が出来ない夫婦に不妊治療の末にやっと授かった子供が重い病気だったという物語です。妻は『猟奇的な彼女』のヒロインと『マラソン』の母親を足して二で割ったようなキャラクターです。あまりに強い女性像です。夫が非常に温和で争いを好まない人なので生活できていますが、彼のように相当の忍耐力が無ければやっていけないでしょう。韓国女性の本質を極端に描いているのだと思いますが、正直日本人男性はついていけません。この映画を観たら韓国人女性と結婚したいと思わないでしょう。
さて、ストーリーですが病気とわかっていながら妻はあくまで子供を生むことに執着しますが、ラストは節操無く韓国映画で御馴染みのお涙頂戴となります。普遍性など度外視で、ただ単に泣かせれば良いと考えてるとしか思えません。
この作品のヒロインである韓国女性の倫理観が全くわかりません。ロジカルでないことだけは理解できました。激情型で情緒的なのですね。

|

« 食パン、第9号作品「カルピスパン」 | トップページ | 新書『今日はこの米!』 »

コメント

erabuさん、こんにちは♪

『エンジェル・スノー』は、随分以前に友人のお勧めで鑑賞しましたが、、、
私には、やけにムカムカする作品だったことを覚えています。
何人かの友人達の感想を聞きましたが、おおむね出産経験のある人はNOをたたきつけていたような、ただし未婚の方は「感動!」の人が多かったようです。
心に残ったのは「エンジェル・スノー」の意味くらいでしょうか、、

>正直日本人男性はついていけません。この映画を観たら韓国人女性と結婚したいと思わないでしょう。

日本人の女性の私でもついていけません。
男の方でもそうなのですね。
…実は、私がerabuさんが男性の方だと気付いたのは、タイトル名は忘れましたが以前に香港映画のレビューを拝読したときでした。お邪魔するようになって随分後のことでした(謝)

投稿: yuzuki | 2006.05.25 16:51

yuzukiさん、コメントありがとうございます♪

>私には、やけにムカムカする作品だったことを覚えています。

わかります。気持ち良く鑑賞できませんよね。
妻の自己中心的な話でしかなく、全く馴染めないと思います。

>ただし未婚の方は「感動!」の人が多かったようです。

そうなんですか。観る人によって評価が変わるのですね。参考になりました。

この作品での韓国女性は、攻撃的な強さを感じます。日本人女性の守備的な強さと比較して本質的なところに大きなギャップがあるようです。邦画ではいままで出会ったことがない人物像でした。
知人としては許せますが、身内だけは絶対になりたくないですね。

>…実は、私がerabuさんが男性の方だと気付いたのは、タイトル名は忘れましたが以前に香港映画のレビューを拝読したときでした。お邪魔するようになって随分後のことでした(謝)

え~、そうだったんですか!?

実は、ワタクシ...

野郎です(笑)。

いつも好き勝手なことを書いていて、馴染み憎いのではないかなと、いつも文章を書きながら考えています。
昔から作文が苦手で、先生からはいつも冗長だと指摘されてきました。何を書いても説明不足になりがちで、そんなところが男らしさが足りなくなっていたのではないでしょうか。
何か違和感があったら、何なりとご指摘いただけると有り難いです。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: erabu | 2006.05.26 08:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/10177593

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『エンジェル・スノー』(お薦め度★★):

« 食パン、第9号作品「カルピスパン」 | トップページ | 新書『今日はこの米!』 »