« 新書『若者殺しの時代』 | トップページ | 映画『山の郵便配達』(お薦め度★★) »

2006.06.20

交流戦、千葉ロッテ連覇

最終戦で阪神に0-2で敗れたものの、同率優勝の可能性があったヤクルトが負けたことで2年連続単独優勝を決めた。それほど好調ではなかった。攻撃面は単調でタイムリーで畳み込むシーンは少なく、頼みの先発が序盤に大量失点でそのまま大敗することが多かった。しかし、終わってみれば優勝は流石だ。

23勝13敗

対中日 4勝2敗
対阪神 1勝5敗
対巨人 6勝
対ヤクルト 3勝3敗
対広島 4勝2敗
対横浜 5勝1敗

唯一、阪神に負け越し。今年は手強い。5試合目となる5/25のマリンスタジアム観戦で勝った試合が観れたのは本当に幸運だった。
今日の試合も是非とも応援したかったが、地上波TVとラジオの両方ともに放送がなかった。Yahoo!スポーツで途中経過を確認して、テレビのニュースダイジェストが観れただけ。

前回観戦してからの試合結果
6/13(火) × 0 - 3 対横浜 18:15 千葉マリン
6/14(水) ○ 8 - 2 対横浜 18:15 千葉マリン
6/15(木) ○ 4 - 1 対横浜 18:15 千葉マリン
6/16(金) × 4 - 8 対ヤクルト 18:00 神宮
6/17(土) × 5 - 7 対ヤクルト 14:00 神宮
6/18(日) ○ 8 - 7 対ヤクルト 14:00 神宮
6/20(火) × 0 - 2 対阪神 18:00 甲子園 【41勝30敗】

|

« 新書『若者殺しの時代』 | トップページ | 映画『山の郵便配達』(お薦め度★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/10613696

この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦、千葉ロッテ連覇:

« 新書『若者殺しの時代』 | トップページ | 映画『山の郵便配達』(お薦め度★★) »